エクセレントタワー計画

 千葉パルコ(2016年に閉店)跡地で建設中のタワーマンション「エクセレントタワー計画」(地上31階、高さ107.34m)の建設地に設置されている看板です。

 建築計画のお知らせの名称は「(仮称)千葉市中央区2丁目計画新築工事」で当初の建築主は新日本建設単独でしたが、今は日本土地建物、あなぶきホームライフ、長谷工コーポレーション、東方地所を加えた5社になっていました。設計者は長谷工コーポレーション、施工者は長谷工・新日本共同企業体、竣工予定は2023年3月31日です。

 場所は千葉都市モノレールの葭川公園(よしかわこうえん)駅のすぐ近くで、千葉駅からも徒歩10分くらいの距離です。



エクセレントタワー計画

 完成予想図にズームです。建築計画のお知らせを見ると手前の低い方は新日本建設単独のマンション「(仮称)四谷学院千葉校跡地計画 新築工事」(地上13階、高さ48.63m)で、タワー棟と合わせたデザインとなっています。また、見た感じでは1階〜4階が商業施設となりそうです。



エクセレントタワー計画

 2021年3月14日に千葉駅に近い側から撮影した「エクセレントタワー計画」(地上31階、高さ107.34m)の建設地です。手前の角地が四谷学院千葉校跡地で低層部に商業施設が入る13階建てのマンションが建設されます。

 右端のタワーマンションは「千葉セントラルタワー」(地上43階、高さ151.5m)で千葉駅周辺では最も高い建物となります。ちなみに千葉県内で見ると高さ順位は7位となります。



(仮称)四谷学院千葉校跡地計画 新築工事

 角地の部分の中を覗くと「エクセレントタワー計画」と敷地はきっちりと分かれていました。分譲マンションになると思いますが両棟別のマンションとして販売するんですかね。



エクセレントタワー計画

 「エクセレントタワー計画」側はこのように背の高い仮囲いで中を覗くことは無理でした。週間工事予定表では山留工事となっていました。



エクセレントタワー計画

 北東側から撮影。角地には既存ビルがありますが再開発には参加していないのでこのまま残ります。



エクセレントタワー計画

 南東側から撮影。手前の駐車場もパルコの跡地ですが今は駐車場として使用されていました。この場所はマンションの駐車場部で少しの期間だけコインパーキングとして暫定利用するのかもしれません。



エクセレントタワー計画

 まだ公式HPは見当たりませんでしたがオープンすればその辺りもわかってくるかと思います。



(仮称)四谷学院千葉校跡地計画 新築工事 建築計画のお知らせ

 低い棟側の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)四谷学院千葉校跡地計画 新築工事
所在地:千葉県千葉市中央区中央2丁目3番1、3番2
用途:共同住宅、店舗
総戸数:61戸
階数:地上13階
高さ:48.63m
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:431.27
建築面積:377.57
延床面積:3,947.05
建築主:新日本建設
設計者:新日本建設
施工者:新日本建設
工期:2020年7月1日着工〜2022年11月30日竣工予定



エクセレントタワー計画 建築計画のお知らせ

 タワー棟側の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:エクセレントタワー計画
計画名:(仮称)千葉市中央区2丁目計画新築工事
所在地:千葉県千葉市中央区中央2丁目3番3他11筆
用途:共同住宅、店舗
総戸数:397戸
階数:地上31階
高さ:107.34m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,877.67
建築面積:2,886.18
延床面積:46,951.29
建築主:新日本建設、日本土地建物、あなぶきホームライフ、長谷工コーポレーション、東方地所
設計者:長谷工コーポレーション 一級建築士事務所
施工者:長谷工・新日本 共同企業体
工期:2020年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定