2021年3月19日、IHIと三菱地所より豊洲二丁目の4-2街区において、オフィスを中心とした複合施設の共同開発事業を行うことが発表されました。現在は暫定利用として土地を賃貸しており「アニヴェルセル豊洲」や「トーヨータイヤ豊洲ドーム」として利用されていますが、2021年度内に既存建物の解体工事が行われ「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」として2022年春着工、2025年春竣工を目指して工事が行われる計画となっています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2021年3月19日)
IHI・三菱地所による3件目の共同開発事業
「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」始動
〜新たなコラボレーションにより豊洲を新ビジネス創出・発信の場へ〜 (PDF 695KB)




(仮称)豊洲4-2街区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:三菱地所]

 「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」は2棟構成で主要用途はオフィスとなります。低層部には大屋根を設けた広場空間と広場を取り囲むような商業施設が配置され、2階レベルでは大屋根広場を囲むように歩行者デッキが整備され、晴海通りに架かる既存歩行者デッキと接続されます。

 完成予想図を見ると右の高い方が地上20階建て、左の低い方が地上16階建てに見えますが、日経新聞の同再開発の記事では地上17階建てと15階建てとなっています。これは塔屋のデザインがオフィスフロアと同じになっているのかもしれません。見た感じでは右が高さ約90〜100mくらいかと思います。

 また、日経の記事によると40戸程度の複数企業の若手社員が入居する「シェア社員寮」も設けらるとのことです。家と職場が同じになれば終電を気にすることなく若手社員に残業をさせることができますね()

▼日本経済新聞:(2021年3月20日)
三菱地所、豊洲に大型オフィス IHI跡地、再開発完成へ



(仮称)豊洲4-2街区開発計画 周辺地図
周辺地図[出典:三菱地所]

 計画地は豊洲駅から晴海通り沿いに北西側に行った場所で、ららぽーと豊洲と3街区のオフィスビルに挟まれています。



(仮称)豊洲4-2街区開発計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」方面です。ららぽーと豊洲の背後の赤い網掛けをした場所が計画地となります。背後のキューブ状に見えるビルは高さ75mくらいですが、低いビルの方は同じくらいになるかと思います。



アニヴェルセル豊洲・トーヨータイヤ豊洲ドーム

 2019年11月30日に撮影した豊洲の空撮です。右側の赤い網掛けをした場所が計画地で「アニヴェルセル豊洲」や「トーヨータイヤ豊洲ドーム」があります。

 説明不要かもしれませんが中央のビルは豊洲駅直結の「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上36階、高さ180m)です。この頃はまだ建設中でした。オフィス街と商業施設が混在した街でいつも賑わっています。



アニヴェルセル豊洲・トーヨータイヤ豊洲ドーム

 2020年5月30日に撮影した「アニヴェルセル豊洲」と「トーヨータイヤ豊洲ドーム」です。晴海通りに見える歩行者デッキと再開発ビルが接続されます。2021年度内に既存建物の解体工事が始まるとのことなので1年後にはこれら建物は解体済みのはずです。

 現在の豊洲では「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)が建設中で、これが完成したら豊洲の再開発も一旦落ち着くのかなと思っていましたがそんなことはなかったですね。豊洲にはビル撮影で何年間も数ヵ月に1回は必ず行っていますが、2025年春竣工予定とのことでそれまで延長です。でもその頃にはまた別の再開発が始まっていてもおかしくない場所ですね。

■計画概要■
事業者:IHI、三菱地所
設計者:鹿島建設株式会社、株式会社三菱地所設計、
所在地:東京都江東区豊洲二丁目14-1,2,4
街区面積:19,493.36
スケジュール:2022年春着工〜2025年春竣工(予定)
建物用途:オフィス、店舗、インキュベーションオフィス、シェア企業寮