虎ノ門・麻布台プロジェクト イメージパース
イメージパース[出典:森ビル]

 森ビルによる虎ノ門・麻布台地区の大規模都市再生事業「虎ノ門・麻布台プロジェクト虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業)」において、「アマン」とのパートナーシップにより、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」と、アマンの姉妹ブランドとなる日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」を開業することが発表されました。

 世界トップレベルの住宅となる「アマンレジデンス 東京」は「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.19m)の最上部(54階〜64階)に位置しており総戸数は91戸となります。ホテルブランデッドレジデンスとしてエクスクルーシブなサービスを提供するほか、居住者専用の1,400屬痢屮▲泪鵝Ε好僉廚眸えるとのことです。A街区のワーデザインにはペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ、インテリアデザインにはヤブ・プッシェルバーグを起用しています。

 日本初進出のアマンの姉妹ブランドホテル「ジャヌ東京」は「虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)」(地上54階、高さ237.20m)の低層部(1階〜13階)に位置しており客室数は約120室となります。「ジャヌ」はサンスクリット語で「魂(Soul)」のことで、より人間らしい関わり合いや個人と社会がよりよく繋がるための「ソーシャル ウェルネス」に重きを置いた体験を提供するとのことです。インテリアデザインにはジャン・ミッシェル・ギャシー率いるデニストンを起用。スパトリートメントやジムを備えた国内最大規模となる約3,500屬離好僂筺6つのレストラン、カフェやバーなども備えられるとのことです。

▼森ビル:ニュースリリース(2021年2月18日)
「アマンレジデンス 東京」「ジャヌ東京」が虎ノ門・麻布台プロジェクトに誕生



虎ノ門・麻布台プロジェクト 平面図
平面図[出典:森ビル]

 「虎ノ門・麻布台プロジェクト」は大きくA街区、B-1街区、B-2街区、C街区に分かれており、B-2街区には約6000屬涼羆広場も配置され、計画区域8.1haに対して約2.4haが緑化されます。この平面図を見る限りでは水辺もある緑地となるようです。

 C街区の上の方には東京メトロ日比谷線「神谷町」駅、B-1街区の上の方には東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅があり、両駅は敷地内に整備される延長約700mの東西歩行者地下通路によって接続されます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 立面図
立面図[出典:森ビル]

 「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.19m)は54階〜64階部分が「アマンレジデンス 東京」となり、住宅としては日本で最も地上高が高い位置となります。また、ビル本体も竣工時には「あべのハルカス」(地上60階、高さ300m)を抜いて高さ日本一となりますが、その数年後には東京駅前の「Torch Tower(トーチタワー)」(地上63階、高さ390m)に抜かれます。

 「虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)」(地上64階、高さ262.83m)は高さ日本一のタワーマンションとなります。A街区の「アマンレジデンス 東京」の方が住宅としては圧倒的に高いですが、当ブログではビルの用途のうち半分以上が住宅の場合にタワーマンションとして扱っています。

 虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)」(地上54階、高さ237.20m)は1階〜13階がラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」となり14階〜53階が住宅フロアとなります。住宅部のコンセプトは「リゾートホテルに暮らすような住環境」でプール付きの住戸や2層吹き抜けのリビングがある住戸も設定され、ホテルと連携したサービスも利用できるようになります。

 C街区はC1〜C4街区まで分かれており、ヘザウィック・スタジオによる特徴的なデザインの低層の建物となります。用途は商業、住宅、オフィス等などで構成されます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト
イメージパース[出典:森ビル]

 そのC街区の完成予想図です。日本では見かけないデザインかつ屋上緑化された建物となります。低層棟の完成もここまで楽しみなプロジェクトはなかなかありません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト

 2021年2月7日に東京タワーのメインデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の建設地です。商標の出願状況から名称は「虎ノ門麻布台ヒルズ(略称:虎麻ヒルズ)」になると言われています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト

 このタワークレーン4基で鉄骨が組まれ始めているのがA街区で敷地の大部分は「麻布郵便局」の跡地です。ここの最上部に「アマンレジデンス 東京」が誕生することになりますが、一体どんな人が住むことになるのでしょうね。最低でも資産数十億円ないと住めないような気がしています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト

 B-1街区、B-2街区方面です。「ジャヌ東京」が入るB-2街区は写真中央あたりとなります。地下5階まであるので構台が凄いことになっています。

 各街区の詳細な建設状況は2月8日のブログに載せているので、まだそちらの記事を見ていない人は是非ご覧ください。

■物件概要■
名称:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区虎ノ門5丁目、麻布台1丁目および六本木3丁目の各地内
用途:住宅(約1,400戸)、事務所(約213,900屐法店舗(約150店)、ホテル(約120室)、インターナショナルスクール(約14,000屐▲屮螢謄ッシュ・スクール・イン・東京(予定))、中央広場(約6,000屐法∧顕住楡漾別9,000屐 等
A街区:地上64階、地下5階、高さ325.19m(最高325.19m)
B-1街区:地上64階、地下5階、高さ262.83m(最高262.83m)
B-2街区:地上54階、地下5階、高さ237.20m(最高237.20m)
区域面積:約8.1ha
敷地面積:約63,900
延床面積:約861.500
緑化面積:約2.4ha
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定
駐車場:約1880台
事業費:約5800億円