東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
外観イメージ[出典:東京建物]

 八重洲に建設される「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)の完成予想図です。左側の大きな通りが八重洲通りで東京駅の真ん前に繋がる通りです。東京駅前には外堀通りが通っており、それら通りに一部接する形で同再開発が行われます。

 規模は地上51階、地下4階、高さ250m、敷地面積約10,604.25屬紡个靴瞳築面積8,3088.50屐延床面積225,063.24屐事業主は東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合で参加組合員として東京建物と都市再生機構が参画しています。施工者は大林組・大成建設共同企業体で2021年10月1日着工、2025年4月30日竣工予定に向けて現地では既存ビルの解体工事が行われています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
八重洲仲通り・さくら通り沿いの低層部イメージ[出典:東京建物]

 メインの通りからは中に入ったところにある八重洲仲通りとさくら通り沿いの低層部の完成予想図です。この辺りは細い路地で歩道も狭いですが、図を見る限りでは道路の広さは変わらなさそうですが広々とした歩道が整備されることになるようです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
概要図[出典:国土交通省]

 低層部には劇場、医療施設、屋内広場、店舗等が配置され、中高層部はオフィスフロアとなります。高層部にはレストラン等はないようなので、ここからの景色を見たければここに入居する企業で働くしかなさそうです。

 地下には他の八重洲の再開発3地区と連携した大規模バスターミナル「(仮称)八重洲バスターミナル」が整備されます。そのバスターミナルの運営者は京王電鉄バスが選定されています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 計画地はA地区とB地区に分かれており超高層棟はB地区に建設されます。この配置図の左側に東京駅がありますが、赤い枠で囲われている場所が計画地のため東京駅前は既存ビルがいくつも残ることになります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都]

 少し古い東京駅側から見た完成予想図です。既存ビルの残り具合が何となくわかるかと思います。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
周辺状況図[出典:国土交通省]

 場所は東京駅前の一等地で八重洲地区では最も高い超高層ビルとなります。すぐ下の街区では昨日のブログに載せた「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)が建設中ですが、さらに下の街区では「八重洲二丁目中地区」(地上46階、高さ約240m)が計画されており、東京駅前には巨大な超高層ビルが建ち並ぶことになります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 2021年1月31日に撮影した「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の建設地方面です。ちょっと構図が良くなかったですね。左端くらいにビル本体が建設され、現在解体工事が行われている場所あたりに低層の部分が建設されます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 その解体中のビルは東京建物の本社があった「東京建物ビル」です。右端の方では小規模なビルも同時に解体が行われています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ(建物配置図)

 ちょっとピントが合っていませんが解体工事のお知らせと一緒に掲示されている建物配置図です。図の上が東京駅となります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 これだけのビルを一気に解体していますが、上の図を見ると外堀通り沿いの小規模なビルが2棟参加せずに歯抜けになっていることがわかります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 そこがこれです。消費者金融が多数入ったビルと金券ショップが残ります。それぞれの会社の事情はあるにしても…これはどーにかして欲しかったですね。毎回同じようなことを言っていますが、完成後もこれを見るたびに同じようなことを言い続けそうです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った場所から撮影。この辺りはまだ本格的な建物の解体は行われていなさそうでした。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 ただ色々なビルに解体用の足場が組まれ始めています。これらビルが解体されると東京駅方面の超高層ビルが色々と顔を出すようになりそうです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 カラオケ館が入っていたペンシルビルです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 敷地内部では既存ビルが解体されている場所もありました。着工予定は今年の10月なので夏頃にはこの辺り一帯はほぼ更地になっていそうです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。下記物件概要の一部数値は国土交通省から発表された数値を掲載しています。

■物件概要■
計画名:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
所在地:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部、
用途:事務所、店舗
階数:地上51階、塔屋1階、地下4階
高さ:250m(最高高さ250m)
構造:鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:10,604.25
建築面積:8,388.50
延床面積:225,063.24
建築主:東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組・大成建設共同企業体(代表者:大林組)
工期:2021年10月1日着工〜2025年4月30日竣工予定