文京ガーデンの空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した「文京ガーデン」です。春日駅直結の再開発で「パークコート文京小石川 ザ タワー」(地上40階、最高高さ148.45m)、「文京ガーデン ゲートタワー」(地上23階、最高高さ109.74m)、「文京ガーデン ザ サウス」(地上21階)など複数の建物で構成されています。



パークコート文京小石川 ザ タワーの空撮

 別角度からもう1枚。建設中のタワーマンションが「パークコート文京小石川 ザ タワー」で既に完売しています。



文京ガーデンの空撮

 東側からもう1枚。左が「東京ドーム」、中央が「文京シビックセンター」(地上28階、高さ142m)でその右側に「文京ガーデン」があります。



文京ガーデン 配置図
配置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 同じ方向から見た「文京ガーデン」の配置図です。色の付いていない灰色の建物は再開発とは無関係です。南北に細長い敷地でその中央をグリーンバレーと呼ばれる広場空間も整備されます。



東京ドームシティ ラクーアとパークコート文京小石川 ザ タワー

 2021年1月10日に撮影した東京ドームシティの観覧車やジェットコースターです。その右に見えるのが「パークコート文京小石川 ザ タワー」(地上40階、最高高さ148.45m)です。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 ズームです。普段は春日駅から行くのでここは通らないのですが、今回は自宅から自転車で行ったので普段とは違った場所からも撮れました。



文京ガーデン

 「文京ガーデン」全体です。角地のタワーマンションが賃貸の「文京ガーデン ザ サウス」(地上21階)で、その背後がオフィスビルの「文京ガーデン ゲートタワー」(地上23階、最高高さ109.74m)です。そして右奥が「パークコート文京小石川 ザ タワー」(地上40階、最高高さ148.45m)です。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 「パークコート文京小石川 ザ タワー」にズームです。売主は三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産の3社でした。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 近くから見上げて撮影。南北に細長い板状のタワーマンションです。西側にはタワーパーキングがあるのでこの東面がマンションのメインとなります。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 低層部は1、2階が商業施設、3〜5階がオフィスフロア、6階がマンションのメインエントランスや中庭、7階がゲストルームやキッズルームといった共用施設となります。住宅フロアは8階〜39階で最上階の40階には共用施設としてスカイデッキとスカイアクアランジが配置されます。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 北東側から撮影。ここから見るのが建物全体が一番キレイに見えます。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 低層部の外観もだいぶ見えるようになってきました。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 北西側から撮影。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 こちら側の低層部はオフィスといった外観です。



パークコート文京小石川 ザ タワー

 南西側から撮影。西隣には「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)がありますが、お見合い部屋にならないよう西側の中層階あたりまではタワーパーキングとなっています。



文京ガーデンセンターテラス

 左の低層の建物が商業施設となる「文京ガーデンセンターテラス」です。そこから「パークコート文京小石川 ザ タワー」までペデストリアンデッキで接続されますが、そのデッキの柱の建設も始まっていました。

 道路の右側がその柱ですが…大きいのに背後の「文京ガーデン ザ ウエスト」と同化しちゃってわかりにくいですね。現地で撮っているときは遠近感もあるので気付かずにこの構図で撮ってしまいました。



文京ガーデン

 西側の中央大学がある高台側から撮影。なかなかの迫力です。いつもはこの右側にある文京シビックセンターの展望ラウンジから見た様子も載せていますがコロナウイルス感染拡大防止のため今は閉鎖中です。



パークコート文京小石川 ザ タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:パークコート文京小石川 ザ タワー
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目102番1、102番2、102番3
用途:共同住宅、事務所、店舗
総戸数:577戸(販売総戸数390戸、事業協力者戸数187戸含む、他に店舗28区画、事務所19区画)
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.40m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、制震構造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.60
建築面積:4,027.90
延床面積:84,318.64
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2021年3月下旬竣工予定
入居:2021年7月下旬竣工予定