パークタワー勝どき

パークタワー勝どき

 2021年1月16日に黎明大橋から撮影した建設中の「パークタワー勝どき」です。今回もまた自転車で撮りに行ってきました。

 左が「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設地でタワークレーンが1基設置されました。その右の地上部の建設が始まっている方が「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)です。



パークタワー勝どき

 「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)のスカイデッキから撮影。今はまだ空が広い場所ですが巨大なタワーマンションのため景色は一変します。



パークタワー勝どき

 黎明橋から撮影。背後のタワーマンションは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)と「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)です。サウスは「THE TOKYO TOWERS」とほぼ同じ高さとなります。



パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「パークタワー勝どき」の完成予想図です。中央がサウスで、その右がミッド、そして右端に灰色で形だけ描かれている部分が将来建設予定のB棟です。そのため中央の棟の名称がミッドになっているものと思われます。



パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 黎明大橋から見た完成予想図です。朝潮運河と新月島運河が目の前というウォーターフロントとなっています。



パークタワー勝どき 全体敷地配置図
全体敷地配置図[出典:公式HP]

 このように空地の多い配棟となっており運河沿いには護岸公園も整備され朝潮運河には人道橋が架けられます。また、サウスとミッドの間には噴水のあるセントラルラグーンが整備されます。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 そのセントラルラグーンの完成予想図です。ここは水の中に入って遊ぶこともできる場所となるようです。



パークタワー勝どき メトロパビリオン完成予想CG
メトロパビリオン完成予想CG[出典:公式HP]

 敷地の北側の「勝どき」駅に一番近い場所にはメトロパビリオンが建設され、ここから「勝どき」駅まで地下通路が整備されます。地下通路を数分歩くことになりますが希少な駅直結タワマンとなります。




パークタワー勝どきサウス

パークタワー勝どきサウス

 黎明大橋から撮影した建設中の「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)です。タワークレーンの1基目が設置されました。総戸数1665戸(販売総戸数1109戸、事業協力者住戸556戸)という超大規模なタワマンとなります。



パークタワー勝どきサウス

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影。ここからでも形は見えませんが巨大なトライスター型のタワーマンションとなります。



パークタワー勝どきサウス


 前回載せたのと同じ写真(2020年12月18日撮影)ですが上空からだとこのようにはっきりとY字の形をしたトライスター型ということがわかります。



パークタワー勝どきサウス

 中心部にズームです。



パークタワー勝どきサウス

 黎明橋から撮影。



パークタワー勝どきサウス

 運河とは逆の道路側から撮影。



パークタワー勝どきサウス

 左端の白い超高層オフィスビルが「晴海トリトンスクエア」(最も高い棟で地上44階、最高高さ194.9m)、中央が賃貸タワマンの「ベイシティ晴海 スカイリンクタワー」(地上49階、最高高さ168.95m)、右のツインタワーが「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)です。この辺りは主役級の高さを誇る建物が密集した場所となっています。



パークタワー勝どきサウス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2021年4月下旬から第1期1次の販売開始予定となっています。先に販売開始したミッドはかなりの人気のようですが、こちらも人気のタワマンとなりそうですね。

■物件概要■
名称:パークタワー勝どきサウス
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:総戸数1665戸(販売総戸数1109戸、事業協力者住戸556戸)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300.00
延床面積:180,827.74
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定
入居:2024年4月下旬予定




パークタワー勝どきミッド

パークタワー勝どきミッド

 黎明大橋から撮影した建設中の「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)です。サウスよりは戸数は少なりますがミッドだけでも総戸数1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)という超大規模タワマンとなります。



パークタワー勝どきミッド

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影。ミッドは地上部の建設が始まっています。



パークタワー勝どきミッド

 見た感じでは3階部分の建設が始まったところのようでした。



パークタワー勝どきミッド

 B棟の建設地となる「黎明スカイレジテル」の隣の道路から撮影。今は背後の「THE TOKYO TOWERS」が見えていますが数ヵ月後には見えなくなっていそうです。



パークタワー勝どきミッド

 ゲートが開いていたので低層部を撮影。こういった外壁のない状態は個人的に好きな景色です。



パークタワー勝どきミッド

 勝どき駅に一番近い側です。この角地に駅直結となるメトロパビリオンが建設されます。

 撮影時にはちょうど鉄筋コンクリートを積んだ大型トレーラーがきていましたが、この辺りは広い道路ではないので運転が大変そうです。



パークタワー勝どきミッド

 道路側からはマンションの形がなんとなるわかるようになっていました。



パークタワー勝どきミッド 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。第1期1次の237戸は平均倍率訳2.7倍で全戸登録完売しています。今月下旬からは第1期2次の販売が開始となりますがツイッターに流れてくる情報を見ていると第1期2次も人気のようです。

■物件概要■
名称:パークタワー勝どきミッド
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)
階数:地上45階、地下2階
高さ:158.85m(最高164.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745.85
延床面積:138,312.00
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定
入居:2024年4月下旬予定