大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 大宮駅近くの大規模再開発「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」(地上18階、高さ89.61m)です。大宮駅の東口(南)を出たところから撮りました。建設地は「中央デパート」等の跡地で、店舗、市民ホール、オフィス等で構成される複合施設となります。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 高島屋がある交差点から撮影。オフィス部の外観は既に完成していました。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 同じ方向の高い位置から見た完成予想図です。現地看板を撮影しました。完成予想図に変更がなければ商業施設部にはテラスも設置されるようです。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業
立面イメージ[出典:大宮市]

 フロア構成は1階〜5階に商業・業務施設、4階〜9階に大ホール、小ホール、公共公益施設、9階〜18階がオフィスフロアとなります。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 氷川参道側から撮影。こちら側も外観はほぼ完成していました。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 細い路地を入ったところから撮影。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 路地から見たオフィス部です。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 路地を出たところから撮影。この辺りは繁華街となっており人も車も多い場所です。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

 現地には商業テナント募集の看板もありました。竣工予定は2021年10月30日ですがグランドオープンは2022年春となるようです。



大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。久しぶりの訪問でしたが高さが94.50mから89.61mと低くなっていましたが、延床面積は82,084.64屬ら82,139.11屬半しだけ増えていました。

■物件概要■
計画名:大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業 施設建築物等 新築工事
所在地:埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目118番
用途:事務所、公共公益施設、店舗・業務施設、駐車場
階数:地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ:89.61m
構造:S造 一部 SR造(地上階)、SRC造 一部 S造(地下階)、免震構造
敷地面積:8,558.34
建築面積:6,827.91
延床面積:82,139.11
建築主:大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合
参加組合員: 三井不動産、大栄不動産
設計者:山下設計
施工者:鹿島・松永建設特定業務代行企業体(代表企業:鹿島建設)
工期:2018年3月1日着工〜2021年10月31日竣工予定