(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 渋谷の文化村通り沿いの再開発「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)の完成予想図です。建築主はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧名称:ドンキホーテホールディングス)で店舗、事務所、ホテル等で構成される複合施設となります。

※出典名は計画が発表された時点のドンキホーテホールディングスとしています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 断面構成
断面構成[出典:ドンキホーテホールディングス]

 フロア構成は1〜3階が店舗、4〜10階が事務所、11階〜28階がホテルで11、12階のホテル共用部は帰宅困難者受け入れスペースに設定され防災備蓄倉庫が配備される計画となっています。建築基準法上では地上27階、地下2階ですが、運用上は地上28階、地下1階となるようです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 敷地概要
敷地概要[出典:ドンキホーテホールディングス]

 場所は渋谷駅から109に向かい、右側の文化村通りを進んだところにある東急百貨店の手前です。文化村通りに接しているのは敷地の一部だけで敷地の本体は通りから中に入ったところにあります。敷地はグニャグニャとした境界線となっていますが、店舗が建ち並ぶ道玄坂小路にも接しているので、そのあたりが以下の完成予想図部になるのかなと思っています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 小さいビルが多くごちゃごちゃした感じがする場所が多い渋谷ですが、ここはキレイにまとまった商業施設部となりそうです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 傾斜地が建設地のため高台のような場所もできます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した渋谷です。中央の矢印を付けたあたりが「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷駅方面と撮影。右端が渋谷駅あたりです。渋谷駅周辺の再開発とは少し離れた場所となりますが、こういった再開発によって回遊性の向上も期待されています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」はヘリに乗らなくても「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の最上部にある展望台「渋谷スカイ」から見下ろすことができます。左下の矢印を付けた場所が建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 建設地にズームです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 さらにズームです。現地に行っても中は全然見えませんが「渋谷スカイ」からはバッチリです。


 既に建設中のビルは「(仮称)渋谷道玄坂Gタワー新築工事」(地上10階、高さ32.72m、延べ926.65)という店舗、事務所、住宅で構成されるビルと「(仮称)コラビル新築工事」(地上7階、高さ約25m、延べ780.00)という店舗、共同住宅で構成されるビルです。「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」とは別のビルですが、施工者は同じ熊谷組のためかこちらの見えている側には仮囲いはありません。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 文化村通りから見た「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。渋谷駅からも近い場所なのでここがメインエントランスになるもと思われます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 そのエントランス部の完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 文化村通り沿いはバルコニーのある商業施設となるようです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 最初に載せた完成予想図の夜景バージョンです。再開発には含まれない既存ビルを再開発ビル本体の手で挟むような形となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 「旧ドン・キホーテ渋谷店」があった場所も同再開発の敷地となっています。このすぐ近くに「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」があるので同再開発ビルにドン・キホーテが入ることはないかと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 同じような方向から見た完成予想図です。こちらも同じようにバルコニーのある商業施設となるようです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 夜景バージョンです。完成時に地上からビル本体をどこから撮ればいいのかと思っていましたが、この完成予想図と同じ場所から撮れば良さそうですね。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地看板を撮影したものですが2023年開業予定となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画  建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:116m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,850.00
延床面積:41,950.00
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定