専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 2020年に完成した「専修大学神田キャンパス10号館140年記念館)」(地上16階、高さ78.94m)です。昨日、密を避けるために自転車で撮りに行ってきました。場所は九段下駅近くの靖国通り沿いで、各階に外に出られるテラスが配置された独特なデザインとなっています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 ガラス張りになっているのは靖国通り沿いの飛び出た部分のみとなっています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 ここは法学部、生田キャンパスから移転した商学部、新設された国際コミュニケーション学部が利用しています。校舎内にはゼミ室や講義室などの各種教室のほか、3階には多目的に利用できる「黒門ホール」、13・14階にはKnowledge Base(ナレッジ・ベース、図書館靖国通り分館)、最上階の16階はレセプションなどを行う「相馬永胤記念ホール」があります。15階のグローバルフロアでは、国際交流や留学についての情報交換や相談などができます。そして7階には学生ラウンジ(食堂)が入り、1階にはカフェが設置されています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 靖国通りと専大通りが交差する専大前交差点から撮影。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 やはりこのテラス部分が目立ちます。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 ただ、このテラスには網が設置されているので眺望の邪魔になっていそうです。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 裏の北側は普通のビルのようなデザインとなっています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 靖国通り沿いには庭やベンチなどもあります。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 1階部分には建物内を貫通する通路もありました。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 2020年12月18日にヘリからの空撮です。矢印を付けた建物が「専修大学神田キャンパス10号館140年記念館)」です。左に行くと神保町駅、右に行くと九段下駅がある立地で近くには「日本武道館」もあります。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館) 建築計画のお知らせ

 2019年4月に撮影した建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)
計画名称:専修大学靖国通り神田新校舎(仮称)新築工事
所在地:東京都千代田区神田神保町3丁目4-4
用途:学校
階数:地上16階、地下1階
高さ:78.94m
構造:S造 一部SRC造
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート杭
敷地面積:1,927.88
建築面積:1,043.45
延床面積:15,918.53
事業者:専修大学
設計者:日建設計
施工者:鹿島建設
工期:2018年2月1日着工〜2020年1月31日竣工予定