渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した渋谷駅周辺の空撮です。超高層化が進む渋谷の街ですが写真中央では「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」(地上23階、高さ123m)が計画されており、現地には建築計画のお知らせも設置され既存ビルの解体工事も始まっています。着工は2021年12月1日、竣工は2024年5月末日予定です。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」にズームです。赤い網掛けをした4棟の既存ビルが解体工事中です。その右側の縦線の入ったビルが「渋谷クロスタワー」(地上32階、高さ131m)でこれよりも少し低いビルが建設されることになります。

 渋谷駅側には「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)、「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)、「渋谷ストリーム」(地上36階、高さ179.95m)といった超高層ビルが建ち並んでいるので脇役程度の大きさですが、着々と渋谷の超高層化が進んでいます。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」(地上23階、高さ123m)の完成予想図です。建築主は渋谷二丁目17地区市街地再開発組合、参加組合員は地権者の塩野義製薬、南塚産業、NANZUKA、東宝、太陽生命保険、事業協力者の東京急行電鉄となっています。設計者は東急設計コンサルタント、三菱地所設計、パシフィックコンサルタンツ、施工者は竹中工務店となっています。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 フロア構成は1階〜4階が店舗、5階〜23階がオフィスフロアとなります。また、1、2階に設置されるアトリウム(公共的屋内空間)は非常時に帰宅困難者の一時的在施設として開放されることになっています。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 敷地は四方が道路に囲まれており図の上側にある「渋谷ヒカリエ」とはデッキで繋がります。また、図の下側にある「渋谷クロスタワー」ともデッキで接続されますが、既存デッキがあるので新設するわけではなく既存デッキと繋がることになるものと思われます。敷地面積3,461.99屬紡个靴瞳築面積2,423屐延床面積44,500屬箸覆蠅泙后



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は渋谷駅から徒歩数分の位置で青山通り沿いです。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

2020年7月12日に「渋谷クロスタワー」前から撮影した「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の建設地方面です。この「シオノギ渋谷ビル」とその右側にあるビルが計画地となっています。

 余談ですがこの「シオノギ渋谷ビル」には6年間勤めた会社の本社があって一度だけ書類を届けに行ったことがあります。普段はIT技術者しかいないビルで仕事をしていたので、総務など普段は関わらない人がたくさんいる職場は何だな不思議な感じがしたのを覚えています。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 敷地の東側にある既存ビルです。左から「渋谷アイビスビル」「渋谷東宝ビル」「太陽生命渋谷ビル」です。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 「渋谷クロスタワー」前から西側を見ると渋谷の超高層ビル群が広がりますが、この右端に新たな高さ123mの超高層ビルが加わることになります。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 2021年1月6日にスマホで撮影した「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



IMG_0622_渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 既存ビルは仮囲いが設置され「太陽生命渋谷ビル」は解体用の足場が組まれていました。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 「シオノギ渋谷ビル」も仮囲いが設置されていました。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業

 「シオノギ渋谷ビル」のV字となっている部分を歩道橋から見た様子です。木の枝が全て切り落とされ無残な姿になっていました。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。竹中工務店によって2020年11月2日〜2022年7月31日までの工期で解体工事が行われます。着工が2021年12月1日予定のためそれまでには地下部分以外は更地になっているかと思います。



渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目100番
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上23階、地下4階
高さ:123m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,461.99
建築面積:2,423
延床面積:44,500
建築主:渋谷二丁目17地区市街地再開発組合
参加組合員:塩野義製薬、南塚産業、NANZUKA、東宝、太陽生命保険、東京急行電鉄
設計者:東急設計コンサルタント、三菱地所設計、パシフィックコンサルタンツ
施工者:竹中工務店
工期:2021年12月1日着工〜2024年5月末日竣工予定