Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:内閣府]

 2020年最後のブログとなりました。2020年の超高層ビル界隈での一番の出来事を独断で選ぶとするならばこの「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の発表だと思っています。以前と同じく高さは390mから変わらずでしたが大きくデザインが変更されました。特に最上部のホテル部分。この高さでこれをやるのかという衝撃的なデザイン。これを超える衝撃はなかなかないと思っています。

 説明は不要だと思いますがまずはいつもの概要説明です。最後には大量の空撮写真を載せているので閉じずに見てください。

 中央が高さ日本一の超高層ビルとなる地上63階、高さ約390mの「Torch Towerトーチタワー)」です。その左が先に建設される地上38階、高さ約212mの「常盤橋タワー」です。これら全てを含む事業名称は「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」で街区名称が「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」となっています。事業者は三菱地所で総延べ面積約74万屬箸いδ饗腟模再開発で2017年4月から段階的に工事が行われ、全てが完成するのは2027年度予定となっています。



Torch Tower 用途構成図
用途構成図[出典:三菱地所]

 各棟のフロア構成です。「Torch Towerトーチタワー)」は地下1階〜6階が店舗、3階〜6階に約2000席の大規模ホール、7階〜53階がオフィスフロア、57階〜61階が約100室の国際級ホテル、そして62階と屋上が展望施設となります。

 「常盤橋タワー」は地下1階〜3階が店舗、3階にカフェテリア、機械室を挟んで8階がラウンジ・カンファレンスルーム、そして9〜37階がオフィスフロアとなります。



Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 東京駅越しに見た完成予想図です。最上部の大きく口を開けている場所がホテルのロビーとなります。



TOKYO TORCH 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 夜景バージョンです。「常盤橋タワー」は地上38階、高さ約212mでかなり高い超高層ビルですが、地上63階、高さ390mの「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の隣では小さく見えてしまいます。



Torch Tower 57階ホテルロビー
57階ホテルロビー[出典:三菱地所]

 57階ホテルロビーの完成予想図です。外気を取り入れるデザインで緑と風に包まれる空間となるとのことですが、高さ300mを超えると思われる場所に公園のようなスペースができるといった感じでしょうか。宿泊者以外でも行ける場所なのかホテル利用者しか行けない場所なのかどっちなんでしょうね。宿泊費はかなり高額になるとは思いますが、ここなら無理してでも一度は泊まってみたいです。



Torch Tower 空中遊歩道
空中遊歩道[出典:三菱地所]

 低層部の1階〜8階には全長約2キロ、約5000屬箸いβ腟模な空中遊歩道、完成予想図右上部分には約2,500屬硫鮎緜躅爐整備されます。57階ホテルロビーは行けなくてもここは自由に行ける場所となるので完成したらテクテクとあるきまわりたいです。



下水道局棟
外観イメージ[出典:内閣府]

 その広場の裏側で建設中の「下水道局棟」(地上9階、高さ約65m)の完成予想図です。実は「Torch Towerトーチタワー)」の建設地の地下には下水ポンプ所があり、その下水ポンプ所が「下水道局棟」の地下に機能移転することになっています。そのため「下水道局棟」の完成を待って既存ビルの解体が始まり、そして日本一の超高層ビルの着工となります。



TOKYO TORCH 街区配置図
街区配置[出典:三菱地所]

 「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の建設地は東京駅日本橋口の目の前で山手線の外側に位置しています。線路側に「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)、日本橋側に「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)が配置され、両棟の間には広場が整備されます。その広場の地下には変電所、下水道局棟の地下には下水ポンプ場も整備されます。

 また、東京駅や大手町とは地下通路で接続され、将来的には日本橋にも地下通路で接続されるようになります。



常盤橋タワーの空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)です。既に塔屋も含めて上棟しておりタワークレーンも1基に減っています。



Torch Tower(トーチタワー)の空撮

 その足元で工事中の場所が「下水道局棟」(地上9階、高さ約65m)です。その隣の白い「日本ビル」と十字が入った「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)がある場所が「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)の建設地となります。



常盤橋タワー

 2020年12月29日に現地から撮影した「常盤橋タワー」です。



常盤橋タワー

 低層部以外の外観は既に完成しているようでした。



常盤橋タワー

 竣工予定は2021年6月末で、竣工時には東京駅周辺の完成済みビルの中では最も高い超高層ビルとなります。ただ、その頃には「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)は高さ212mを超えて上棟しているかと思います。



常盤橋タワー

 裏側から撮影。



常盤橋タワー

 少し離れた大手町から撮影。高さ212mにもなると結構大きな超高層ビルで目立ちます。ただ、隣に高さ390mの超高層ビルが出来ると200m超えのビルでも脇役になってしまいます。



Torch Tower(トーチタワー)

 この中央あたりに「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)が建設されますが、この写真の画角では最上部は入り切らないかと思います。



Torch Tower(トーチタワー)

 建設が始まるのは2023年度でまだ先ですが、その前に「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)の解体があります。超高層ビルの解体はなかなか見られるものではないので、着工前に注目ポイントの一つです。



Torch Tower(トーチタワー)

 もう一つの注目ポイントはこれらが解体されたときに見える大手町の超高層ビル群です。解体も解体後の景色もそのときにしか見られない風景なのでしっかりと撮っておこうと思っています。



下水道局棟

 「下水道局棟」(地上9階、高さ約65m)の建設地です。なかなか地上部の建設が始まりませんね。



Torch Tower(トーチタワー)

 随分と同じ景色を見ていますが2022年3月末に「下水道局棟」が竣工予定のため2021年中にはほぼ完成しているかと思います。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮

 ここからは空撮です。特に説明は書きませんが「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)を目印に見てください。黒いビルなので探しやすいかと思います。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)の空撮



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。まだ63階に修正されていませんでした。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ) 開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせも変化なしでした。

■物件概要(Torch Tower)■
名称:Torch Tower
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、ホテル、ホール、店舗、駐車場等
総客室数:約100室
階数:地上63階、地下4階
高さ:約390m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)、外殻制振構造
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約13,200
延床面積:約544,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

■物件概要(常盤橋タワー)■
名称:常盤橋タワー
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト A棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上38階、地下5階(※建築基準法上では地上40階)
高さ:約212m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年6月末竣工予定

2020年も当ブログを見て頂きありがとうございました!2021年も変わらず超高層ビルを追い続けていくのでよろしくお願い致します!