東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
外観イメージ[出典:東京建物]

 八重洲に建設される「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)の完成予想図です。図の左側が東京駅の中央と繋がる八重洲通りで、その隣には昨日のブログに載せた「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)が建設中です。

 規模は地上51階、地下4階、高さ250m、敷地面積約10,604.25屬紡个靴瞳築面積8,3088.50屐延床面積225,063.24屬濃業主は東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合で参加組合員として東京建物と都市再生機構が参画しています。工期は2021年10月1日着工、2025年4月30日竣工予定で大林組・大成建設共同企業体の施工となります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
八重洲仲通り・さくら通り沿いの低層部イメージ[出典:東京建物]

 東京駅前に外堀通り沿いは再開発に参加していないビルが多いため、東京駅から一本中に入った八重洲仲通り側に超高層棟が配置されます。これはその八重洲仲通りと外堀通りに繋がるさくら通り沿いの低層部の完成予想図です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
概要図[出典:国土交通省]

 その低層部には劇場、医療施設、屋内広場、店舗等が配置され、地下にはバスターミナルが整備されます。このバスターミナルは他の八重洲の再開発3地区と連携した「(仮称)八重洲バスターミナル」で運営者には京王電鉄バスが選定されています。

 また、それらが評価され国土交通大臣より優良な民間都市再生事業計画として認定したことが発表されました。計画の認定を受けた民間事業者は金融支援等が受けられとのことです。本事業では、大規模なバスターミナルや回遊性の高い歩行者ネットワークを整備するとともに、カンファレンスや外国語対応の医療施設等を整備することで、国際都市東京の国際競争力の向上を図るとのことです。

▼国土交通省(2020年12月23日)
国際都市東京に新たな陸の玄関口が誕生
〜東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業を国土交通大臣が認定〜




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 計画地はA地区とB地区に分かれており超高層棟はB地区に建設されます。この配置図の左側に東京駅がありますが、赤い枠で囲われていない場所が再開発に参加していないビルとなります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都]

 少し古いですが東京駅側から見た完成予想図です。A地区の左側に既存ビルが残ってしまいます。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
周辺状況図[出典:国土交通省]

 このように東京駅前の超一等地ですがキレイにまとめられなかったのは残念ですね。現在はこの赤い枠で囲まれたB地区の既存ビルが解体工事が始まっています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した周辺状況図と同じような方向です。赤い網掛けをした部分が「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。一番手前の解体中のビルは「東京建物ビル」で左側の一部はA地区となります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 ほぼ真上から見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。敷地中央では既に解体されたビルもあり、そして「東京建物ビル」の上にはショベルカーがいるのが見えます。街区内の道路は全て封鎖して解体工事を行っているため、一気に解体が進み景色がどんどんと変わって行く行くかと思います。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 空撮の翌日、2020年12月19日に外堀通り沿いから撮影した「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。解体されるビルに足場が組まれて始めていました。大黒屋と消費者金融が入るビルはそのまま残ります。地主それぞれの考えがありりますが…これはどうにかして欲しかったですね。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 外堀通りに繋がる路地から撮影。小規模なビルはまとめて解体用の足場が組まれています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 街区内では一番大きなビルだった「八重洲センタービル」です。このビルが解体されると見える景色が随分と変わりそうです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 カラオケ館が入っていたビルも足場が組まれ始めていました。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 閉鎖された道路沿いのビルも解体用の足場が組まれています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 こちらはまだ足場は組まれていないようでした。全体が同時に解体ではなく順次解体して行くものと思われます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 八重洲通り沿いです。「東京建物ビル」があった場所で左側の方はA地区として再開発されます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 グランルーフから見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」方面です。赤い看板があるビルはA地区に含まれているのでそのうち解体されます。

 背後は日本橋の超高層ビルで左が「東京日本橋タワー」(地上35階、高さ180m)、右が「日本橋眦膕飴旭罐咼襯妊ング」(地上31階、高さ175m)です。これらよりも約70m高い超高層ビルが建設されることになります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 ところで外堀通り沿いの消費者金融ビルの隣のビルも足場が組まれ始めていました。ここは再開発には参加していなかったはずなので修繕工事ですかね?帰宅後に気付いたので次回訪問時には何の工事なのか確認してこようと思います。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 最後は空撮3連発です。今はまだ上空から見ても敷地の境界がわかりませんが、地上部の解体が終わるとどこからどこまでが敷地なのかわかりやすくなると思います。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 こうして見ると東京駅近くはまだまだ再開発の余地がありそうですね。小規模な建物が多いのでまとめるのが大変そうですが再開発されることを期待しています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 最後は丸の内、大手町も含めた東京駅周辺の超高層ビル群の空撮です。2027年度には八重洲のビルも完成し、「Torch Tower(トーチタワー)」(地上63階、高さ390m)もこの景色に加わっていますが、そのときの景色はどんな感じなんでしょうね。再開発はこれで終わりじゃないと思うのできっとその頃には新たな再開発も出てきているんでしょうね。この超高層ビル群がどこまで成長するのか楽しみです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。下記物件概要には一部数値は国土交通省で発表された数値を掲載しています。

■物件概要■
計画名:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
所在地:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部、
用途:事務所、店舗
階数:地上51階、塔屋1階、地下4階
高さ:250m(最高高さ250m)
構造:鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:10,604.25
建築面積:8,388.50
延床面積:225,063.24
建築主:東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組・大成建設共同企業体(代表者:大林組)
工期:2021年10月1日着工〜2025年4月30日竣工予定