Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:内閣府]

 東京駅日本橋口前の大規模再開発「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の完成予想図です。高さ日本一の超高層ビルとなる地上63階、高さ約390mの「Torch Towerトーチタワー)」と、その左が何日か前のブログに載せた地上38階、高さ約212mの「常盤橋タワー」です。

 事業名称は「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」で街区名称が「TOKYO TORCH」、事業者は三菱地所で総延べ面積約74万屬箸いδ饗腟模再開発となっています。2017年4月から段階的に工事が行われており全てが完成するのは2027年度予定となっています。



Torch Tower 用途構成図
用途構成図[出典:三菱地所]

 各棟のフロア構成です。メインの「Torch Towerトーチタワー)」は地下1階〜6階が店舗、3階〜6階に約2000席の大規模ホール、7階〜53階がオフィスフロア、57階〜61階が約100室の国際級ホテル、そして62階と屋上が展望施設となります。

 「常盤橋タワー」は地下1階〜3階が店舗、3階にカフェテリア、機械室を挟んで8階がラウンジ・カンファレンスルーム、そして9〜37階がオフィスフロアとなります。こちらは高層階に展望室やレストランといった施設はありません。



Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 東京駅越しに見た完成予想図です。手前の超高層ビル「サピアタワー(ホテルメトロポリタン丸の内)」は地上35階、高さ166.1mとそれなりの高さがありますが、高さ390mの超高層ビルの前では小さく見えてしまいます。



TOKYO TORCH 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 夜景バージョンです。高層部の大きく口を開いた部分が57階〜61階に入るホテルのロビーとなります。



Torch Tower 57階ホテルロビー
57階ホテルロビー[出典:三菱地所]

 その57階のホテルロビーの完成予想図です。外気を取り入れるデザインで緑と風に包まれる空間となるとのことですが、これは公園のような空間が超高層ビルの中に出現するといったことでしょうか。宿泊者以外でも行ける場所なのかホテル利用者のみ行ける場所なのか…完成したら絶対に行ってみたい場所です。



Torch Tower 空中遊歩道
空中遊歩道[出典:三菱地所]

 高層部ばかり注目しがちですが低層部の1階〜8階には空中遊歩道が整備されます。全長約2キロ、約5000屬箸いΦ模で、完成予想図の右上部分には約2,500屬硫鮎緜躅爐眄鞍されます。



下水道局棟
外観イメージ[出典:内閣府]

 その広場の裏では地上9階、高さ約65mの「下水道局棟」が建設中です。「Torch Towerトーチタワー)」の建設予定地の地下には下水ポンプ所があり、その下水ポンプ所がここの地下に機能移転します。そのためこの「下水道局棟」が完成を待って既存ビルの解体が始まり、そして日本一の超高層ビル建設が始まることになります。



TOKYO TORCH 街区配置図
街区配置[出典:三菱地所]

 「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の建設地は東京駅の北側、山手線の外側に位置しており、線路側に「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)、日本橋側に「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)が配置され、両棟の間には広場が整備されます。その広場の地下には変電所、下水道局棟の地下には下水ポンプ場も整備されます。

 東京駅や大手町とは地下通路で接続され、将来的には日本橋にも地下通路で接続されるようになります。つまり様々な駅と地下通路などで直結となります。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 2020年11月21日に撮影した「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の建設地方面です。左の黒い超高層ビルが一足先に完成する「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)で、その右側に「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)が建設されます。

 現在の東京駅周辺では「常盤橋タワー」が最も高くかなり目立つ存在となっていますが、最初の完成予想図を見ての通り「Torch Towerトーチタワー)」が完成するとかなり小さく見えてしまいそうです。



Torch Tower(トーチタワー)

 「Torch Towerトーチタワー)」はこの「日本ビル」と背後にチラッと見えている「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)を解体して建設されます。

 「日本ビル」の壁が普通のビルと違うのは部分解体したためで、部分解体した場所では下水道局棟の建設工事が行われています。



下水道局棟

 下水道局棟の建設地です。



下水道局棟

 仮囲いの中です。



下水道局棟

 そろそろ地上部の建設が始まってもいい頃に見えます。



下水道局棟

 ここが完成すると「日本ビル」と「朝日生命大手町ビル」の解体が始まり、いよいよ高さ日本一の超高層ビル建設が始まります。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 ところで「Torch Towerトーチタワー)」のデザインは発表当初と比べて大幅に変更となりましたが、現地仮囲いに貼られていた完成予想図も新しいデザインに貼り替えられていました。高さ200mの超高層ビルが低く感じる凄まじい高さです。

 左にはこれから建設される超高層ビルが薄く形だけ描かれています。右の薄く描かれている超高層ビルは既に建設されています。



TOKYO TORCH開発ステップ図 STEP0

 そして再開発がどのように進められて行くかのSTEP図も新しいのに貼り替えられていました。今はSTEP1の完成に向けて工事が行われています。



TOKYO TORCH開発ステップ図 STEP1
TOKYO TORCH開発ステップ図 STEP2
TOKYO TORCH開発ステップ図 STEP3

 2023年度までには既存ビルの解体工事が終わり、2023年度から高さ日本一の超高層ビル建設が始まります。地上部の建設が始まるのは2025年度くらいですかね。



東京駅前常盤橋プロジェクトのレシピ

 仮囲いには「東京駅前常盤橋プロジェクトのレシピ」なるものがありました。再開発をお弁当のレシピに見立てた企画のようで「仮囲いデザインコンテスト」最優秀作品が展示されていました。



A棟 BENTO



A棟 BENTO



IMG_0063_TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)



TOKIWABASHI屋メニュー



TOKIWABASHI屋メニュー

 実物のお弁当模型もあり高さに合わせた価格も掲載されていました。



TOKYO TORCH 開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせです。B棟が地上63階、延べ面積約544,000屬悗筏模拡大となりましたが、こちらいにはまだ反映されていませんでした。



TOKYO TORCH 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせにも反映されていませんでした。日本でこの高さを超える建築計画のお知らせを見ることは今後あるんですかね。

■物件概要(Torch Tower)■
名称:Torch Tower
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、ホテル、ホール、店舗、駐車場等
総客室数:約100室
階数:地上63階、地下4階
高さ:約390m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)、外殻制振構造
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約13,200
延床面積:約544,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定