八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 八重洲で建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)です。フロア構成は低層部に商業施設など、7〜38階にオフィスフロア、そして40〜45階が日本初進出の「ブルガリ ホテル 東京」となります。現在はオフィスフロア部の鉄骨が組まれて行っています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 低層部からガラスカーテンウォールの取り付けも始まっており外観のイメージが付くようになってきました。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅の「八重洲グランルーフ」の入り口から撮影。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 グランルーフから見た低層部です。右下の鉄骨むき出しの部分はには少し飛び出てビル本体が建設されます。そのセットバックした部分の屋上(5階レベル)には東京駅を望むテラスが設置されます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 最初の頃はグランルーフがメインの撮影場所でしたが、グランルーフからだと上が見えなくなって来たので地上がメインの撮影場所に変わりそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 地上から撮影。見ての通りかなり大きな超高層ビルで、オフィス部は基準階面積は約1200坪(約4000)の規模となります。無柱空間のためかなりの広々とした空間となりそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 ガラスカーテンウォールにズームです。ここにはどういった企業が入居するんでしょうね?自分には縁のなさそうなオフィスです(^^;)



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った裏から撮影。こちら側の角地にはビルに接した形で「中央区立城東小学校」が建設されます。なぜ東京駅前の一等地に小学校?と思うかもしれませんが、元々敷地内に「中央区立城東小学校」があったため建て替えられて戻ってくる形となっています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 少し離れて同じ角度からもう1枚。これだけの規模の超高層ビルとなると手前にビルがあっても気にせず写真を撮りたくなります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 戸田建設本社ビルの建替え現場越しに撮影。もう少し建設が進むと手前の「三井ガーデンホテル京橋」も気にならないレベルになるかもしれません。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 八重洲通りから撮影。角地の柿本商会の「八重洲Kビル」は同再開発には参加していませんが、柿本商会によって地上12階、高さ55m、延床面積6,050屬離フィスビルに建替えが計画されています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 真横から撮影。この手前には「(仮称)ヤンマー東京ビル」(地上14階、高さ69.88m)が建設されます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅赤レンガ駅舎越しに見た「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」です。紅葉がいい感じでした。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅と超高層ビル群です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅も格好いいです。何でも超高層にすればいいというわけじゃないですね。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 「KITTE丸の内」の6階にある屋上庭園から撮影。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 ここは新幹線と超高層ビル群を眺められるスポットとなっています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 11月23日に自宅から撮影した「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」です。周辺のビルと見比べた感じからして現時点で高さ140〜150mくらいでしょうか。まだまだ高くなります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 夜景バージョンの完成予想図です。最上部の窓明かりが描かれている部分が「ブルガリ ホテル 東京」となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 5階テラス イメージパース
5階テラス イメージパース[出典:三井不動産]

 5階のセットバックした部分に設置されるテラスです。丸の内方面の超高層ビル群を望むことができる場所となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 用途断面図
用途断面図[出典:三井不動産]

 同再開発はA-1街区とA-2街区があり超高層棟はA-1街区となっています。A-1街区のフロア構成は地下2階にバスターミナル、地下1階〜地上3階に約60店舗の商業施設(約8,500屐法4階、5階に交流施設とテラス、7〜38階にオフィスフロア、そして40〜45階が「ブルガリ ホテル 東京」となります。また、A-1街区端の1〜4階は「中央区立城東小学校」となります。小学校部分は1階に会議室等、2階に体育館、3階、4階に普通教室と25m温水プール、給食の調理室、そして最上階の4階には吹き抜けの屋上運動場、職員室、図書室、音楽室が配置され、普通の小学校と変わらない施設となります。

 A-2街区は地上7階、高さ41m、延床面積5,853.53屬両規模なビルで、1階が店舗、2、3階に子育て支援施設(認定こども園)、そして4階〜6階が事務所、そして7階が住宅となります。ただ、現地に設置されている建築計画のお知らせには住宅の記載はないので用途が変更になっている可能性もあります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 この配置図の上(西側)が東京駅側で「中央区立城東小学校」は図の左下部分に建設されます。右上の白い場所はB街区で「(仮称)ヤンマー東京ビル」の建設地です。他の白い部分は再開発に参加していない場所となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産]

 場所は東京駅の目の前で東京メトロ銀座線「京橋」駅も近くです。東京駅前の超高層ビルと言えば皇居側の丸の内や大手町でしたが、これからは山手線外側の時代がやってきます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定