(仮称)小杉町3丁目計画新築工事

 武蔵小杉で東急による新規のタワーマンション計画「(仮称)小杉町3丁目計画新築工事」が建設されることになりました。

 場所は東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅近くの南西側で矢印を付けた府中街道沿いで、規模は地上23階、高さ78.77m、敷地面積2002.73屬紡个靴瞳築面積、950.31屐延床面積16,048.01屐∩躙与160戸となっています。



(仮称)小杉町3丁目計画新築工事

 現地に設置された事業計画のお知らせでは事業者は東急不動産ではなく東急の沿線開発事業部となっていました。東急不動産ならばブランズの冠が付くマンションだと思いますが、ここはどうなるんでしょうね?賃貸なのか分譲なのかも不明です。設計者と施工者は長谷工コーポレーションで2021年5月上旬着工、2024年1月下旬竣工予定です。

 ところでこの空撮は2019年1月にセスナから撮影したものですが、このように武蔵小杉は高さ140m以上のタワーマンションがズラリと並んでいるので、地上23階、高さ78.77mでは低く感じてしまいそうです。



(仮称)小杉町3丁目計画新築工事

 昨日、2020年11月19日に現地から撮影した「(仮称)小杉町3丁目計画新築工事」の計画地です。この角地裏側のL字型のジョナサンなどが入っていた建物が解体中でした。



(仮称)小杉町3丁目計画新築工事

 府中街道を中原区役所側に行った場所から撮影。右側のマンションも工事中ですが修繕工事のようでした。



(仮称)小杉町3丁目計画新築工事

 路地を入った場所から撮影。場所的に南西側にはタワーマンションがなく開けた視界が広がりますが、特にこれといったランドマーク的な建物が近くにないので、もしここに住むなら武蔵小杉のタワーマンション群が見える部屋の方が夜景もキレイで楽しめるかと思います。個人の意見です。



(仮称)小杉町3丁目計画新築工事 事業計画のお知らせ

 事業計画のお知らせです。

■物件概要■
事業名:(仮称)小杉町3丁目計画新築工事
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町三丁目1番1外3筆
用途:共同住宅、店舗、飲食店
総戸数:160戸
階数:地上23階、地下0階
高さ:78.77m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:2,002.73
建築面積:950.31
延床面積:16,048.01
建築主:東急
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2021年5月上旬着工〜2024年1月下旬竣工予定