(仮称)白金一丁目タワープロジェクト 外観完成予想イラスト
外観完成予想イラスト[出典:公式HP]

 白金高輪駅から徒歩3分の位置で建設される分譲のタワーマンション「(仮称)白金一丁目タワープロジェクト」(地上23階、最高高さ80.14m)の完成予想イラストです。現在、公式HPに掲載されている外観はこの1枚しかありませんが…

▼公式HP
https://www.afr-web.co.jp/atlas/mansion/shirokane/index.html/



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト 外観完成予想イラスト
外観完成予想イラスト[出典:NEXT ARCHITECT & ASSOCIATES]

 設計を担当したNEXT ARCHITECT & ASSOCIATESのHPに全体の完成予想イラストが掲載されていました。今はHPに掲載されていませんが、低層部の形状が同じに見えるので大きな変更はないかと思います。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト 位置図
位置図[出典:公式HP]

 場所は白金高輪駅から西側に徒歩3分の位置で「日興パレス白金」というマンションの建替えとなります。建て替え後の総戸数は94戸(非分譲住戸30戸、単独分譲住戸4戸含む)で売主は旭化成不動産レジデンスとワールドレジデンシャルの2社となっています。単独分譲住戸という表記は初めてみましたが売主を通さずに売る住戸のことなんですかね。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト

 2019年12月の白金方面の空撮です。矢印を付けたあたりが「(仮称)白金一丁目タワープロジェクト」の建設地です。「日興パレス白金」は7階建てのマンションのためほとんど見えていません。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト

 解体前の2019年3月10日に撮影した「日興パレス白金」です。間口はそれほど広くはありませんが奥行きのあるマンションです。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト

 2020年11月7日に現地に行くと既に解体されていました。

 ところで右側の空を見ると飛行機が写っているのがわかるでしょうか?この辺りの上空は羽田空港に着陸する飛行機のルートとなっており、近付いてくるとかなり大きく飛行機が見えます。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト

 背後の修繕工事中のマンションは「プレイス白金ブライトレジデンス」(地上20階、高さ59.95m)です。そのため北側はほぼ最上階ではないと視界は狭そうです。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト

 ここに建っていた「日興パレス白金」は1981年7月竣工で総戸数86戸でした。大規模再開発に組み込まれてならわかりますが、単独のマンションが30年経たずに解体はかなり早いですね。来月の2020年12月1日から着工予定です。



(仮称)白金一丁目タワープロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)白金一丁目タワープロジェクト
計画名称:(仮称)日興パレス建替計画
所在地:東京都港区白金一丁目343番1(地番)
用途:共同住宅
総戸数:94戸(非分譲住戸30戸、単独分譲住戸4戸含む)
階数:地上23階、塔屋1階、地下1階
高さ:77.09m(最高高さ80.14m)
敷地面積:1,614.97
建築面積:719.53
延床面積:9,763.94
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎及び直接基礎
建築主:日興パレス白金マンション建替組合
売主:旭化成不動産レジデンス、ワールドレジデンシャル
設計者:NEXT ARCHITECT & ASSOCIATES
施工者:前田建設工業
工期:2020年12月1日着工〜2023年9月30日竣工予定
入居:2023年10月中旬予定