文京ガーデン ゲートタワー

 春日・後楽園駅前地区の大規模再開発「文京ガーデン」内の超高層オフィス棟「文京ガーデン ゲートタワー」(地上23階、最高高さ109.74m)です。同オフィスビルは「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の南街区に位置しており、南街区はオフィス棟、住宅棟、公共・商業施設棟の3棟で構成されています。その中で同オフィスビルが先行して竣工しています。

 また、左後ろに見えている建設中のタワーマンションは同じ「文京ガーデン」内の住宅棟で数日前のブログに載せた「パークコート文京小石川 ザ タワー」(地上40階、最高高さ148.45m)です。



文京ガーデン ゲートタワー

 場所は「文京シビックセンター」の目の前で後楽園駅・春日駅に直結となります。



文京ガーデン ゲートタワー

 近くから見上げて撮影。



文京ガーデン ゲートタワー

 角地にはまだ仮囲いがありますが低層部の1〜5階までは専修学校の「読売理工学院」として稼働しており、6階以上は参加組合員の三井不動産による賃貸のオフィスフロアとなっています。



文京ガーデン ゲートタワー

 裏側の路地から見た「文京ガーデン ゲートタワー」です。



文京ガーデン センターテラス

 その足元にある低層の建物は公共・商業施設となる「文京ガーデン センターテラス」で今年の12月の竣工予定となっています。



文京ガーデン ゲートタワー

 「文京シビックセンター」前から撮影。窓のない部分は階段やエレベーターがある部分となり、オフィスフロアはそこを囲むように配置されます。基準階面積は777.52坪(2,570.33)となっています。



文京ガーデン ゲートタワー

 最後は「文京シビックセンター」の25階無料展望室から見下ろした「文京ガーデン ゲートタワー」です。展望室とはお見合いにはなりませんが、文京区役所の事務所とはお見合いとなります。

■物件概要(オフィス棟)■
名称:文京ガーデン ゲートタワー
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目1-1
用途:事務所、共同住宅、専修学校、物販店舗、飲食店、診療所、銀行の支店、保育所、変電所、物販店舗以外の店舗(南街区全体)
階数:地上23階、地下2階
高さ:101.14m(最高高さ109.74m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造(南街区全体)
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,315.59屐米邀攻菫澗痢
建築面積:5,418.68屐米邀攻菫澗痢
延床面積:94,604.64屐米邀攻菫澗痢
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2015年9月末日着工〜2020年3月竣工