大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業

大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:板橋区]

 板橋区大山町で建設される「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。建築主は大山町クロスポイント周辺地区市街地再開発組合で参加組合員として住友不動産とフージャースコーポレーションが参画、2021年4月上旬着工、2023年12月下旬竣工予定となっています。

 同再開発はA街区〜D街区までの4つの街区に分かれており全体で総戸数約340戸の住宅と、基壇部に延床面積 4,000崢兇両Χ閥莢茲設けられます。一番大きなタワーマンションがA街区、その左の細いタワーマンションがD街区、板状のマンションがB街区、一番小さな建物がC街区となっています。現地に建築計画のお知らせが設置され各街区の最新の規模が判明しています。

A街区:地上26階、地下1階、最高高さ97.1m、延べ27,538.6
B街区:地上8階、高さ30.35m、延べ1,832.04
C街区:地上4階、高さ18.53m、延べ698.19
D街区:地上25階、地下1階、高さ94.35m、延べ9,961.9

 この完成予想図が公表された頃はA街区が27階、B街区が13階、C街区が3階、D街区が26階で計画されており、B街区が13階から8階へと随分と低くなりましたが、他は1フロアだけの差となっています。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:板橋区]

 同じ資料に掲載されている大山駅方面から見た完成予想図です。こちらのB街区は8階建てで描かれています。また、中央を通る道路は都市計画道路の補助第26号線ですが、前後の土地の取得が完了していないためこの部分だけ先行して道路が整備されることになります。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 立面イメージ
立面イメージ[出典:板橋区]

 立面図です。各棟の低層部には商業施設等が入る計画となっています。A街区に公益施設(検討中)と書いてありますが、建築計画のお知らせの用途は共同住宅、店舗、駐車場の記載しかありませんでした。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 A街区〜D街区の配置図です。敷地の中央を幅員20mの補助第26号線が通ります。

 通常、ツインタワーのタワーマンションはお見合い部屋にならないように、角度を付けて配置することが多いのですが多少距離が離れているとは言えここはガッツリとお見合い部屋になるようです。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業
区域図[出典:板橋区]

 この区域図の右端に池袋から3駅、東武東上線「大山」駅があり、その駅前からはアーケード街の「ハッピーロード大山」が続いています。「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業」の敷地内にも「ハッピーロード大山」がありますが計画では補助26号線が通る場所となっています。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業

 現地に設置されている解体対象建物一覧表です。一部数字が書かれていない建物がありその中にはぱちんこ屋もありますが、既に営業は終了しており解体されるようでした。また、他の数字が付いていない建物は未確認ですが、この図を見ると全て補助26号線の計画地内で、外のA街区〜D街区に含まれる場所は全て解体されるようです。




大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区」(地上26階、最高高さ97.1m)の建設地です。現地では複数の既存ビルが同時に解体工事が行われていました。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 こちら側は駐車場だった場所ですが既に閉鎖されています。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 周囲はこういった路地が多いですが道路と歩道も整備されることになります。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 大通りがない場所のため今は撮影に苦労する場所ですが、一部だけでも補助26号線が完成すると撮りやすくなりそうです。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 数字が入っていなかった建物の一つのぱちこん屋ですが既に閉店しています。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。面積や高さの数値が小数第一位までしかないのはなかなかレアです。通常、小数まで載せる場合は第二位までが多いです。

■物件概要(A街区)■
名称:大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A街区
所在地:東京都板橋区大山町70番
用途:共同住宅、店舗、駐車場
階数:地上26階、塔屋1階、地下1階
高さ:91.7m(最高高さ97.1m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,103.89
建築面積:1,755.5
延床面積:27,538.6
建築主:大山町クロスポイント周辺地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、フージャースコーポレーション
設計者:久米設計
施工者:未定
工期:2021年4月上旬着工〜2023年12月下旬竣工予定




大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

 「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区」(地上8階、高さ30.35m)の建設地です。ここのぱちんこ屋も数字が入っていなかった建物の一つですが既に閉店しています。この周辺は人通り多く超高層ではないのでここ以外は撮っていません(^^;)



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

 B街区の建築計画のお知らせです。超高層ではないので概要の書き写しは省略します。




大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 C街区

大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 C街区

 「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 C街区」(地上4階、高さ18.53m)の建設地です。「ハッピーロード大山」のアーケード街から撮影しました。こちらも人通り多く超高層ではないのでここ以外は撮っていません(^^;)



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 C街区

 C街区の建築計画のお知らせです。ここは店舗だけの建物となります。ここも超高層ではないので概要の書き写しは省略します。




大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 D街区

大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 D街区

 「大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 D街区」(地上25階、高さ94.35m)の建設地です。「ハッピーロード大山」のアーケード街から撮影しました。ここはちゃんと撮りたかったのですが、アーケード街は人通り多くてここ以外は断念。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 D街区

 路地側を入ったところで人がいないすきに1枚だけ撮ってきました。この辺りは路地しかなく離れて撮影できないためしばらくは撮るのに苦労する場所となりそうです。



大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業 D街区

 D街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(D街区)■
名称:大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業施設建築物 D街区
所在地:東京都板橋区大山町73番
用途:共同住宅、店舗、駐車場
階数:地上25階、塔屋1階、地下1階
高さ:94.35m(最高高さ94.35m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:1,232.74
建築面積:714.27
延床面積:9,961.9
建築主:大山町クロスポイント周辺地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、フージャースコーポレーション
設計者:久米設計
施工者:未定
工期:2021年4月上旬着工〜2023年12月下旬竣工予定

 最後に建築計画のお知らせが設置されたことを連絡してくださったブログ読者の方、ありがとうございました!