(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 小田急電鉄と東京地下鉄による大規模再開発「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」(地上48階、高さ約260m)について、第70回新宿区景観まちづくり審議会が開催され新たな資料が公開されました。今回初公開と思われる完成予想図なども同資料に掲載されています。

 規模は既報と変わりなく地上48階、地下5階、高さ約260m、敷地面積約15,720屐延床面積約281,700屬脳Χ函業務、駅施設等で構成されます。2022年度着工、2029年度竣工予定となっています。

▼新宿区景観まちづくり審議会:第70回新宿区景観まちづくり審議会(2020年10月21日)
【報告2】(仮称)新宿駅西口地区開発事業について [PDF形式:23.9MB]



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 断面図
断面図[出典:新宿区]

 新たに公開された詳細な断面図です。超高層棟の低層部は商業施設等となり中高層部はオフィスフロアとなりさらに、最上部の機械室の上は屋上階施設となっています。用途凡例の色分けでは店舗となっているので展望室が設置される可能性がありそうです。また、最高高さのところにT.P.+300と記載されていますが、これは東京湾の平均海面を基準とした場合は高さのことです。つまり海抜300mということになります。

 ところで8階部分に駅施設とありますがこれは何なんでしょうね?東京メトロ丸の内線の真上のようなので、まさかここに改札ができたりするのでしょうか?謎です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 頂部の見え方
頂部の見え方[出典:新宿区]

 頂部の見え方の図にも南北に屋上テラスが描かれています。眺望を楽しめる場所が出来るのは間違いなさそうですが、これが一般の人も行ける場所なのか、入居企業だけの場所なのか、資料には特に記載がないので不明です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 西側立面図
西側立面図[出典:新宿区]

 立面図を見ても49階(屋上階)に展望階との記載があります。一般の人も行ける展望フロアなら資料に集客施設として…のような記載があると思うのですが、見当たらないということは一般の人は行けない場所ということなんですかね。実際はどうなのかは不明です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 東側立面図
東側立面図[出典:新宿区]



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 北側・南側立面図
北側・南側立面図[出典:新宿区]



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 敷地概要
敷地概要[出典:新宿区]

 計画地はJR新宿駅の西側に隣接した部分で、小田急百貨店、モザイク通り、新宿ミロードや地下鉄ビルがある場所で小田急新宿駅もあります。その小田急新宿駅の機能を止めることなく工事が行われるため、渋谷駅のように動線がコロコロと変わることになるかもしれません。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 配置図
配置図[出典:新宿区]

 「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」とは別扱いのようですが、新宿グランドターミナル構想の実現に向けた基盤整備で西口駅前広場も新しく整備されます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 その西口駅前広場から見上げた「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の低層部の完成予想図です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 中景図
中景図[出典:新宿区]

 このように動線が見えるデザインとなっており、低層部の上部にはスカイコリドーが整備されます。コリドーには廊下、回廊、通廊、路地といった意味があります。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 スカイコリドー全体イメージ
スカイコリドー全体イメージ[出典:新宿区]

 そのスカイコリドーの全体イメージです。9階と14階にはテラスも設置され、9階からは一気に12階まで繋がるロングエスカレーターも設置されます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 .14階より吹抜の滞留空間
.14階より吹抜の滞留空間[出典:新宿区]

 そのスカイコリドーの14階から見た完成予想図です。吹き抜けの滞留空間が整備される計画となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 14階新宿テラス
14階新宿テラス[出典:新宿区]

 14階のテラスの完成予想図です。端には植栽が整備されるため周辺のビルを下から上まで見るようなことはできなさそうですが、新宿の超高層ビル群を眺めることができる場所となりそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 地上から見た完成予想図です。この右側に小田急新宿駅があります。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 この辺りはJR新宿駅と京王百貨店に挟まれた場所となります。図の下側の現在は新宿の駅のホームがあるだけですが、新宿グランドターミナル構想ではJR新宿駅の上に東西を繋ぐセントラルプラザが整備される計画となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 セントラルプラザが整備されるまでは閉鎖された空間となるかもしれませんが、新宿グランドターミナル構想完成時には気持ちの良い空間となっていそうです。ただ、新宿グランドターミナル構想はイマイチよくわからず、完成まではかなりの期間がかかりそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 敷地南端側から見た完成予想図です。現在「新宿ミロード」がある場所はこのように建て替えられます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 景観シミュレーション
景観シミュレーション[出典:新宿区]

 資料に掲載されていた景観シミュレーションです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 景観シミュレーション
景観シミュレーション[出典:新宿区]

 他にもまだまだありましたが大きく描かれているのはこの2枚でした。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 地下1階平面図
地下1階平面図[出典:新宿区]

 低層部の平面図です。ピンクが店舗、青が事務室、緑が駅通路、オレンジが通路、キモぢ理が貢献施設、灰色が全体共用です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 1階平面図
1階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 2階平面図
2階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 3階平面図
3階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 4階平面図
4階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 9階平面図
9階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 12階平面図
12階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 13階平面図
13階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画 14階平面図
14階平面図[出典:新宿区]


(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 2015年1月にセスナから撮影した新宿です。「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の計画地に赤い網掛けをしました。前回載せたときに範囲が間違っているとのコメントがあったので確認したら…間違って右端のパレットビルも範囲に入れていました。。今回から修正バージョンで載せています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 毎回同じ空撮を使っているので今回は新たなもう1枚を用意しました。このように新宿駅に隣接した場所には超高層ビルは少なく、少し移動したところに超高層ビル群が広がっていますが、同再開発によって新宿の超高層ビル群のイメージも変わりそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の超高層棟が建設されるあたりにはこのように小田急百貨店があります。2022年度着工予定のためこの光景が見られるのもあと少しです。

■物件概要■
計画名:(仮称)新宿駅西口地区開発計画
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目1番の一部
用途:商業・業務・駅施設 等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:約260m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約15,720
延床面積:約281,700
建築主:小田急電鉄、東京地下鉄
工期:2022年度着工〜2029年度竣工予定
供用開始:2029年度予定