(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:横浜市]

 みなとみらい21地区53街区に建設される「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の完成予想図です。右がWEST棟で地上30階、高さ約161m、左がEAST棟で地上16階、高さ85.5mの規模で両棟合わせて約183,000屬了務所、店舗、ホテルで構成される複合ビルとなります。以前の情報だとWEST棟は高さ153mだったのでそれよりも高くなっています。

 事業者は大林組、ヤマハ、京浜急行電鉄、日鉄興和不動産、みなとみらい53EAST合同会社の5社で、工期は2021年4月1日着工、2024年3月31日竣工が予定されています。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
概要図[出典:横浜市]

 各棟のフロア構成は以下の通りで、WEST棟の高層部はホテルとなります。

▼WEST棟
26〜30階:ホテル
5〜24階:オフィス
4階:全体共用
3階:店舗・にぎわい施設
2階:アトリウム・店舗・にぎわい施設
1階:アトリウム・店舗・駐車場

▼EAST棟
16階:全体共用
5〜15階:オフィス
4階:全体共用
3階:オフィス・店舗
2階:店舗
1階:店舗・オープンイノベーションスペース・駐車場

(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
完成予想図[出典:国土交通省]

 WEST棟とEAST棟の間はアトリウムとなり、北側の「横浜グランゲート」(地上18階、高さ98.5m)とはペデストリアンデッキで接続されます。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
周辺状況図[出典:横浜市]

 建設地はみなとみらい線「新高島」駅の目の前で徒歩1分の場所です。この図の左上にある「横浜」駅は徒歩7分の距離で、駅まではペデストリアンデッキや各ビルを通り抜けることで道路を通ることなく駅まで行くことができるようになります。



横浜ランドマークタワーからの眺め

 2020年10月4日に「横浜ランドマークタワー」の展望台から見たみなとみらいの超高層ビル群です。この中央あたりが「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 建設地にズームしても手前のビルでほぼ敷地は見えていませんが、地上部の建設が始まれば見えるようになります。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 現地に設置された開発事業のお知らせです。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 土地利用計画図にズームです。2階レベルのデッキ部分が結構な面積があります。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地です。今はまだ草原となっています。かつては「横浜BLITZ」があった場所です。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 歩道橋から見た建設地です。周辺では複数の高層ビルが建設中でどんどん空き地が埋まっていっています。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 着工するとこの通路は閉鎖になるかと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 計画図を見た感じだとこちらのフェンスで囲まれた部分までが計画地かと思います。



(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画

 横浜駅側の「横浜グランゲート」のペデストリアンデッキから見た「(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画」の建設地です。

■物件概要■
事業名:(仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発計画
街区:みなとみらい21中央地区53街区
所在地:横浜市西区みなとみらい五丁目1番1 他
用途:事務所、ホテル、飲食店舗、物販店舗、集会場、サービス業を営む店舗、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上30階、塔屋2階、地下1階(WEST棟)、地上16階、塔屋2階(EAST棟)
高さ:約161m(WEST棟)、85.5m(EAST棟)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,620.58
建築面積:約14,500
延床面積:約183,000
事業主:大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ、みなとみらい53EAST合同会社
工期:2021年4月1日着工〜2024年3月31日竣工予定