虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 虎ノ門で森ビルによって建設中のタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。軒高は215.25m、最高高さは221.55m。この高さはタワーマンションとしては高さ日本一です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 ただ、同じ森ビルによる「虎ノ門・麻布台プロジェクト」では地上64階、高さ262.89mと地上54階、高さ237.20mのタワーマンション2棟が建設中のため、それが完成すると「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」は高さ日本3位のタワーマンションとなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 「六本木ヒルズ 森タワー」のオーバル広場から撮影。森タワーとはペデストリアンデッキで接続されます。「虎ノ門ヒルズ」は東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」駅と直結となりますが、ここもペデストリアンデッキ経由で直結という扱いになるんですかね。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 近くから撮影。低層部はまだ建設中といった感じでした。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 大きな通りには面していないため全体がキレイに見える場所は少ないです。最初の写真はほぼ全体が写っていますが、手前では「虎ノ門ヒルズ」の低層のビルが建設中のため下の方はもう少し隠れるようになります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 少し移動すると愛宕神社車道がある場所からも姿を見ることができます。この車道を少し登ったところに元々愛宕山に繋がる階段がありましたが同再開発によって閉鎖となりました。ただ、同再開発によって「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」と愛宕山を結ぶペデストリアンデッキが新たに整備される計画となっています。



虎ノ門ヒルズ

 愛宕山のトンネルを抜けたところの交差点から撮影。右側が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)です。高層部の黒っぽく見える部分はレジデンスフロアとなっており、こことはお見や部屋にならないような配棟となっています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 南側から撮影。この面が東京タワービューの部屋となります。この東京タワーが見える角部屋が最高価格の部屋になりそうです。フロア構成は1階〜3階が店舗・スパ・子育て支援施設、4階〜11階がサービスアパートメント、12階〜54階がレジデンスフロアとなります。

 現在の予定では分譲391戸、賃貸160戸となっており、分譲は10億円超え、賃貸は家賃100万円超えが相当数用意されているとのことですが、いつから賃貸募集や分譲が開始されるんでしょうね?一般人には手も足も出ない価格帯で自分には一生縁のない別世界のタワーマンションになるのは間違いないですが気になります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 日比谷線「神谷町」駅前から撮影。今回はこの場所から見たときが一番高く感じました。あまり比較対象がない場所のためこういった光景の方が高さを実感できます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 高層部にズームです。最上階は上場して創業者利益を得たような人が住むんでしょうね。



虎ノ門ヒルズ

 8月15日に「世界貿易センタービル」の展望室から見た「虎ノ門ヒルズ」です。数年後には「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、高さ約265m)が「虎ノ門ヒルズ」に加わります。



虎ノ門ヒルズ

 本日、9月4日に自宅から撮影した「虎ノ門ヒルズ」です。中央が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)、その左が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)です。こうして見ると森タワーのレジデンス部よりもレジデンシャルタワーの最上階の方が高いことがわかります。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
総戸数;551戸(分譲391戸、賃貸160戸)
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定