八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 八重洲で建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)です。「新丸の内ビルディング」の7階にあるテラスから東京駅越しに撮影しました。

 建築主は八重洲二丁目北地区市街地再開発組合、参加組合員として三井不動産が参画する超高層複合ビルで設計者と施工者は竹中工務店が担当しています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 少し広角で撮影。右側の一番大きく見える超高層ビルが「グラントウキョウ サウスタワー」で地上42階、最高高さ205m、建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」はそれよりも高い地上45階、高さ240mとなり、最上部の40〜45階は「ブルガリ ホテル 東京」となるため「グラントウキョウ」よりも高い位置からの景色が楽しめるホテルとなります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 場所は移動して「丸の内ビルディング」の5階にあるテラスから撮影。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」を見るには丸ビルより新丸ビルの方が東京駅がキレイに見えて良かったです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 さらに移動して「KITTE丸の内」の6階にある屋上庭園から撮影。こちらは東京駅の駅舎ではなく東京駅に停まる新幹線と一緒に撮影することができます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 KITTEから見たのと同じ方向で現地から撮影。見た感じの高さは70mくらいでしょうか?オフィスビルは鉄骨が組まれ始めるとあっという間に高くなっていきます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅のグランルーフから撮影。地下1階〜地上3階は約60店舗の商業施設(約8,500屐砲箸覆蝓交流施設や機械室を挟んで7〜38階がオフィスフロアとなります。白い三角形が見える場所からがオフィスフロアとなるようです。また、5階には東京駅を望むテラスも設置されます。そのテラスができる部分の鉄骨はまだ組まれていないようです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 低層部ではガラスの取り付けも始まっていました。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 北側から撮影。この時点でかなり大きな超高層ビルということがわかります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 北東角にある「八重洲Kビル」は同再開発には参加していませんが、柿本商会によって地上12階、高さ55m、延床面積6,050平米のオフィスビルに建替えが計画されています。そのため解体されたときには一時的にこの角度からも「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」がいい感じに見えるようになりそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った南東角から撮影。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 南東角地に少し広めの場所がありますがここには中央区立城東小学校が建設されます。なぜこんなところに小学校かと言うと、元々この同再開発の敷地の真ん中に中央区立城東小学校があったため、場所を少し移動して建て替えられて戻ってくる形となっています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 「京橋トラストタワー」の緑地と一緒に撮影。もう少し高くなってくるとこの場所からも迫力ある光景が見られそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 最後の写真は今朝(8月25日)に撮影した自宅からの眺めです。中央のタワークレーンが「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」です。今はビルの隙間からチラッと本体が見えているだけですが9月中にはもっと見えるようになりそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 ここからはいつもの物件概要です。場所は東京駅前の八重洲地区で地下街経由で東京駅直結となります。竣工予定は2022年8月で完成時には東京駅周辺で最も高い超高層ビルとなりますが、建設地の北側では「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m、2025年3月竣工予定)、そして東京駅の日本橋口前では「東京駅前常盤橋プロジェクト B棟」(地上63階、高さ390m、2027年度竣工予定)が建設予定ですぐに抜かれます。



(仮称)ヤンマー東京ビル 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 左下の角地に形だけ描かれていた「(仮称)ヤンマー東京ビル」(地上14階、高さ69.88m)の完成予想図です。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」のB街区扱いとなっており、2022年8月に同時にグランドオープンが予定されています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 夜バージョンの完成予想図です。最上部の窓明かりが描かれている部分が「ブルガリ ホテル 東京」となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 用途断面図
用途断面図[出典:三井不動産]

 「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」としてブログ記事を書いていますがA-1街区とA-2街区があり超高層棟はA-1街区となっています。A-1街区のフロア構成は地下2階にバスターミナル、地下1階〜地上3階は約60店舗の商業施設(約8,500屐法4階、5階は交流施設と東京駅を望むテラス、7〜38階がオフィスフロア、そして40〜45階は「ブルガリ ホテル 東京」となります。

 また、A1棟の端の1〜4階は「中央区立城東小学校」となります。1階に会議室等、2階に体育館、3階、4階に普通教室と25m温水プール、給食の調理室、そして最上階の4階には吹き抜けの屋上運動場、職員室、図書室、音楽室が配置されます。

 A-2街区は地上7階、高さ41m、延床面積5,853.53屬両規模なビルで、1階が店舗、2、3階に子育て支援施設(認定こども園)、そして4階〜6階が事務所、そして7階が住宅となります。ただ、現地に設置されているA-2街区の建築計画のお知らせには住宅の記載はないので用途が変更になっている可能性もあります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三井不動産]

 この配置図の上(西側)が東京駅となります。右上の白い場所はB街区で「(仮称)ヤンマー東京ビル」の建設地、右下の白い部分は再開発に参加していない場所となります。小学校は左下部分に建設されます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。主要用途は事務所、店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、駐車場等となっており、この組み合わせの主要用途はもう一生見ることはない気がしています。

■物件概要(A-1街区)■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定