浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 浜松町で計画されているタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ約190m)の完成予想図です。最高高さ約190m、低層部は事務所、中高層部が共同住宅(以前の情報だと約400戸)となる高層棟と最高高さ約50m、主に港区の文化芸術ホールとなる中層棟で構成されます。

 建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で世界貿易センタービルディングと鹿島建設が参加組合員として参画していますが、前回の記事で同再開発でマンションデベの名前を見たことがないことを書いたら、コメントで三菱地所のIR資料の住宅事業の一覧に名前があることを教えて頂きました。他のマンションデベロッパーもいるかもしれませんが三菱地所レジデンスが参画するこになりそうです。

 右側に描かれている超高層ビルは昨日のブログに載せた「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)です。また、この完成予想図には描かれていません(見えない位置?)が背後では「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の建替えで高さ200m程度の超高層ビルが建設されます。そのため、この完成予想図で見えている面以外はほぼ眺望のないタワーマンションとなります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 中層棟は北側、高層棟は南側に配置され、その高層棟の南側には広場や公園が整備されます。中層棟の3階部分には広場も設置され高層棟とも歩行者専用通路で接続されます。以前見た資料では周辺施設ともペデストリアンデッキで接続される計画となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 浜松町と言うと一瞬、静岡県の浜松を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、場所は東京都港区浜松町二丁目でJR浜松町駅のすぐ近くです。

 浜松町駅には東京モノレールの駅もあり羽田空港へ始発で行くことができますが、近くには都営大江戸線と浅草線の大門駅があり、浅草線は京急と直通しておりこちらの路線でも一本で羽田空港へ行くことができます。また、浅草線の逆側に乗れば京成線と直通で成田空港にも一本で行くことができます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 「世界貿易センタービル」の展望台から見下ろした「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 こちらの既存ビルの解体が進んでいる場所が地上46階、最高高さ約190mの建設地となります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 こちらのビルは「東京都交通局大門庁舎」で港区の文化芸術ホールとなる中層棟の建設地となります。高層棟の建設後に中層棟が建設されるスケジュールとなっているためしばらく解体はないのでしょうか?



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 地上から見た「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。既存ビルの解体が随分と進み空が広くなりました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 奥では解体中のビルも見えました。2021年2月19日までが解体工期となっているのでこれから「東京都交通局大門庁舎」の解体もあるのかもしれません。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 角地から見た「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。次回訪問時には解体用の足場やフェンスは撤去され白い仮囲いだけになっていそうです。



浜松町

 昨日載せた写真と全く同じですがここから見上げるとこのような超高層ビル群を見ることができます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 JR浜松町駅に近い側から撮影。解体工事は進んでいますが建築計画のお知らせはまだ見当たりませんでした。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、地下3階
高さ:約190m
敷地面積:約5,890
建築面積:約4,700
延床面積:約77,500
事業者:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設
基本設計:アール・アイ・エー
実施設計・施工:鹿島と世界貿易センタービルディングによる特定業務代行JV
工期:2021年着工〜2026年3月の竣工予定
供用開始:2025年ごろに高層棟を部分、2026年ごろに全体供用