世界貿易センタービルディング 南館

 旧芝離宮恩賜庭園から撮影した浜松町駅前の超高層ビル群です。左が建設中の超高層オフィスビル「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)です。右側の「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)は2021年度に解体に着手し同程度の高さの超高層ビルへの建替えが予定されています。



世界貿易センタービルディング 南館

 旧芝離宮恩賜庭園は「世界貿易センタービルディング 南館」を撮影するには良い場所ですが、このように午後に行くと逆光で良い写真が撮れません…。行くなら朝イチですね。



世界貿易センタービルディング 南館

 入り口あたりからもう1枚。基準階面積は471.67坪(1,559.25)で高さ約200mの超高層ビルとしては1フロアの面積はそれほど広くはなありません。



世界貿易センタービルディング 南館

 北側から撮影。こちら側にエレベーターやトイレなどの設備が配置されています。



世界貿易センタービルディング 南館

 北西側から見た様子です。



世界貿易センタービルディング 南館

 手前は「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約190m)の建設地で既存ビルの解体工事が行われています。随分と解体が進んだことで下の方まで見えるようになってきました。



世界貿易センタービルディング 南館

 そのため少し移動して見上げるとこのような超高層ビル群を見ることができます。この場所には高さ約190mのタワーマンションが建設され、そして「世界貿易センタービル」は解体されるので今だけの景色です。



世界貿易センタービルディング 南館

 近付いて見上げてみました。このクラスの高さになるとシンプルなデザインでも格好いいです。



世界貿易センタービルディング 南館

 こちらの南側がオフィスフロアの正面となります。



世界貿易センタービルディング 南館

 JR浜松町駅側から撮影。この角地にはかつて「渡邉ビル」がありました。



渡邉ビル

 解体前の「渡邉ビル」です。浜松町が職場だった頃はこの前を毎日歩いていたので懐かしいです。



世界貿易センタービルディング 南館

 「汐留芝離宮ビルディング」前の広場から撮影。



世界貿易センタービルディング 南館

 超高層ビル群と言えるほどの棟数ではありませんが高さがあるのでいい感じです。右側の「世界貿易センタービル」には展望室がありますが、再開発後のビルに展望室が入る話は今のところ聞いていません。2021年度に解体着手の予定のため展望台に行けるのもあともう少しだけです。



世界貿易センタービルディング 南館

 その展望室から見た「世界貿易センタービルディング 南館」です。以前はこの方向には「クレストプライムタワー芝」(地上39階、高さ131.9m)が見えていましたが全く見えなくなっています。

 こうして超高層ビルが建設されるたびに今まで見えていたのがどんどん見えなくなりますが、超高層ビル群としてはどんどん成長しています。数十年後の超高層ビル群はどれくらい成長しているんでしょうね?想像がつきません。

■物件概要■
名称:世界貿易センタービルディング 南館
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定