東京駅前常盤橋プロジェクト
完成予想図[出典:三菱地所]

 三菱地所による東京駅前の大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト」の完成予想図です。左側が着工済みの地上40階、高さ212mのA棟で、右側が高さ390mで高さ日本一の超高層ビルとなるB棟です。

 そのB棟は2023年度着工予定で今まで地上61階、地下5階、高さ390m、延べ約49万屬竜模で計画されていましたが、本日の建設通信新聞に地上63階、地下4階、高さ390m、延べ約54万5000屬傍模拡大すると掲載されました。

 記事によると日本橋エリアの首都高速道路地下化、八重洲地区再開発による地下ネットワーク化などに伴う措置により容積率の最高限度が従来の1760%から1860%に変更となるためで、20年度内に都市計画が正式決定する予定とのことです。

 また、記事には事務所やホテル、ホール、店舗などで構成とあり、今まで計画されていなかったホールとホテルが追加されました。ホテルは高層階で国際的な水準を満たすホテルを誘致するとのことです。計画変更後の高さ390mはそのままということですが、どうせなら高さ400mにして欲しかったです。

▼建設通信新聞(2020年6月10日)
63階55万屬吠儿/常盤橋プロジェクトB棟/三菱地所



東京駅前常盤橋プロジェクト
完成予想図[出典:三菱地所]

 東京駅前から見た完成予想図です。従来の計画より約5万5000屬眩床となりますが、きっとデザインに大きな変更はないかと思います。



東京駅前常盤橋プロジェクト B棟

 2020年5月30日に撮影した「東京駅前常盤橋プロジェクト B棟」(地上63階、高さ390m)の建設地方面です。2021年度〜2023年度の間に「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)と「日本ビル」の解体工事が行われ、ビル本体は2023年度に着工、2027年度の竣工予定となっています。



東京駅前常盤橋プロジェクト D棟

 着工がA棟よりも遅い理由は部分解体された「日本ビル」の裏側では「東京駅前常盤橋プロジェクト D棟」(地上9階、高さ65m、2021年度竣工予定)が建設中で、ここの地下には下水ポンプ所も建設中です。現在の「日本ビル」の地下には下水ポンプ所があり、それがこの場所に機能が移転されるのを待って既存ビルの解体工事に着手となるため他よりも遅れて着工となります。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 先行して建設中の「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」(地上40階、高さ212m)です。東京駅日本橋口前から撮影しました。東京駅前と言うと赤レンガの駅舎がある丸の内側や、グランルーフがある八重洲側を思い浮かべると思いますが、北側のこちら側も日本橋口があるため東京駅前になります。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 呉服橋交差点から撮影。標準レンズだと画角がギリギリです。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 日本橋側から撮影。目の前にある首都高は将来、地下化され撤去される予定です。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 もう少しで上棟といったところでしょうか。着々と工事が進んでいます。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 本日、2020年6月10日に江戸川区の自宅から超望遠で撮影したところ、現在は塔屋の鉄骨を組んでいるところのようでした。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 昨日撮影した「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」の夜バージョンです。23時過ぎの撮影ですが夜通し建設作業が行われているようです。



東京駅前常盤橋プロジェクト  開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせです。変更が正式決定したらB棟の内容も書き換えられるかと思います。



東京駅前常盤橋プロジェクト  建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。こちらも内容が修正されることになるかと思います。

■A棟の物件概要■
名称:東京駅前常盤橋プロジェクト A棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:約212m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年4月末竣工予定

■B棟の物件概要■
名称:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、ホテル、ホール、店舗、駐車場等
階数:地上63階、地下4階
高さ:約390m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約13,200
延床面積:約545,000
構造:S造、RC造、SRC造
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定