虎ノ門・麻布台プロジェクト

虎ノ門・麻布台プロジェクト
完成イメージ[提供:森ビル]

 虎ノ門・麻布台地区の森ビルによる大規模再開発「虎ノ門・麻布台プロジェクト虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」の完成予想図です。最初はいつもと同じプロジェクト説明なので、現地の様子だけ見たい人は画面をスクロールして飛ばしてください。

 右側の一番背の高い超高層ビルが地上64階、地下5階、高さ325.11mのメインタワー(A街区)です。東京駅前の「東京駅前常盤橋プロジェクト B棟」(地上61階、高さ390m)に抜かれるまでは高さ日本一の超高層ビルとなります。

 左の2棟はタワーマンションで地上64階、地下5階、高さ262.89mの西棟(B-1街区)と地上54階、地下5階、高さ237.20mの東棟(B-2街区)です。この高さはタワーマンションとして日本一の高さとなります。ただ、当ブログでは用途の半分以上が共同住宅の場合にタワーマンションとして扱っていますが、住宅フロアだけで見るならばメインタワー(A街区)の高層部が住宅フロアとなるのため、そちらが高さ日本一のタワーマンションとなります。

 また、この完成予想図ではわかりにくいですが低層棟が数棟配置されるC1〜C4街区もあります。全街区の全てが制震構造となります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 平面図
平面図[出典:森ビル]

 メインタワー(A街区)は7階〜52階が総貸室面積約204,000屬離フィスフロア(基準階貸室面積は約4,300屐遡4,840屐法高層部の54階〜64階は約90戸の住宅フロアとなります。居住者専用のラウンジやスパ、各住戸ごとに専用のエレベーターホールも整備されます。当ブログではタワーマンションではなく複合ビル扱いとしていますが、住宅フロアとしては高さ日本一となります。また、インターナショナルスクールも併設予定となっています。

 西棟(B-1街区)は3階〜5階が貸室面積約4,200屬離フィスフロア、6階〜64階が約970戸(サービスアパートメント約170戸を含む)の住宅フロアとなります。西棟には多数の共用施設が設置され「都市スマートライフ」が実現できるとされています。

 東棟(B-2街区)は1階〜13階が日本初進出のラグジュアリーホテル(約120室)を誘致予定で、14階〜53階は約330戸の住宅フロアとなります。住宅部のコンセプトは「リゾートホテルに暮らすような住環境」で、プール付きの住戸や2層吹き抜けのリビングがある住戸も設定され、ホテルと連携したサービスも利用できるようになります。

 C街区は低層の商業施設が中心となりますが住宅やオフィスフロアなども入ります。他の街区も含めた商業施設はエリア全体に約150店舗(約24,000屐砲箸覆蠅泙后



虎ノ門・麻布台プロジェクト 配置図
配置図[出典:森ビル]

 「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の敷地面積は約63,900屬箸い広さがありますが、そのうち約2.4haが緑化される予定で中央広場は約6,000屬旅さとなります。

 同プロジェクトでは東西歩行者通路が整備され、「六本木一丁目」駅と「神谷町」駅が地上に出ることなく行き来できるようになります。繋がると言ってもそれなりに両駅は離れているため、乗り換え駅に設定されることはないと思いますが、両駅から駅直結でアクセスできる場所になります。

 また、同開発エリアは桜田通り、外苑東通り、麻布通りに囲まれた場所ですが道路網は良いとは言えない一帯でした。同再開発によって東西、南北に抜けられる道路も整備され道路ネットワークが格段に良くなります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 中央広場
中央広場イメージ[出典:森ビル]

 約6,000屬涼羆広場の完成予想図です。地下には約4,000屬梁腟模なフードマーケットも整備されます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト
スクール外観完成イメージ[出典:森ビル]

 A街区にはインターナショナルスクールの「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」も建設予定となっています。地下1階〜地上7階で校舎面積約14,000屬箸覆蠅泙后



虎ノ門・麻布台プロジェクト
商業エリア完成イメージ[提供:森ビル]

 神谷町駅側から見たC街区の完成予想図です。日本では見かけない斬新なデザインで完成が楽しみです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト
完成イメージ[提供:森ビル]

 神谷町駅側から見た全体の完成予想図です。C街区には住宅も入るようですがどのあたりが住宅になるんでしょうね。低層棟から超高層棟まで全部が楽しみなプロジェクトです。

 ちなみにここは森ビルから商標が出願されたことから「虎ノ門麻布台ヒルズ」略して「虎麻ヒルズ」となりそうです。住所的には超高層ビルがあるあたりが麻布台1丁目、低層棟がある辺りが虎ノ門5丁目といった感じになっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト

 2020年5月30日に東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台プロジェクト」方面です。東京タワーは再開していますが、6月14日まで一番上のトップデッキに行くには「トップデッキ専用エレベーターツアー」というエレベーター貸し切りで8000円のプラン(1名〜4名)しかないので今回はパスしました。




虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.11m)の建設現場です。建設地の大部分は「麻布郵便局」の跡地のため名称は「○○ヒルズ森タワー」ではなく日本郵便を表す「JP」も入った「○○ヒルズJPタワー」などになるかもしれません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 建設地にズームです。地下は5階まであるためかなり深く掘っています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 この高低差を見られるのは今だけです。なかなかの迫力なので今のうちに見ておくことをオススメします。



IMG_4868_虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 地上から撮影。道路を挟んだ向かい側にロシア大使館があるため近くには警察がいっぱいいます。赤坂にあるアメリカ大使館近くでカメラを出すと警察に声をかけられることもあったので、大使館近くでためカメラを出すときはちょっと緊張します(笑)



IMG_4870_虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区) 建築計画

 建築計画のお知らせです。前回と比べても特に数値に変化はありません。

■物件概要(メインタワー(A街区))■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 メインタワー(A街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 A街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目314番3外
用途:共同住宅(54階〜64階)・事務所(7階〜52階)・店舗・各種学校・駐車場等
総戸数:約90戸
階数:地上64階、地下5階
高さ:325.11m(最高325.11m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎(一部場所打ちコンクリート杭基礎)
敷地面積:24,104.21
建築面積:15.662.94
延床面積:460,248.32
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)」(地上64階、高さ262.89m)の建設地です。この辺りから谷になっている場所のため構台の高低差が凄いことになっています。どこが1階レベルに設置されるんでしょうね?



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 その谷に降りる西棟(B-1街区)に隣接していた道路は閉鎖されてしまいましたが、高い位置にあった車道専用部分に臨時の歩道が設置され逆に建設現場が見やすくなっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 これだけの規模の建設現場を見られる場所があるのは嬉しい限りです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。前回と比べて見た感じではこちらも数値に変化はありません。

■物件概要(西棟(B-1街区))■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 西棟(B-1街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
用途:共同住宅(6階〜64階)・事務所(3階〜5階)・店舗・保育所・駐車場等
総戸数:約970戸(サービスアパートメント約170戸を含む)
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.89m(最高262.89m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.377.03
延床面積:185,228.13
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)」(地上54階、高さ237.20m)の建設地方面です。中央がB-2街区で、上がB-1街区、左がA街区です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 東棟(B-2街区)のタワーマンション建設地あたりにズームです。ここも地下深くまで掘っていることがわかります。B-2街区には広場なども含まれるため敷地は手前の方まで続いておりかなり広いです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 B-1街区とB-2街区にはこれくらいの高低差があります。B-2街区もどこを1階レベルに設定するんでしょうね?



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 地上から撮影。柵がありますがバンザイしてカメラを持ち上げると撮影できる場所があります。この方向あたりがタワーマンション本体の建設地方面となります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 中央広場が整備されるあたりです。奥はメインタワーが建設されるA街区です。これだけ広いと一体何人が働いているんでしょうね?これだけのプロジェクトを管理するのは大変そうですね。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。建築面積と延べ面積が拡大する形で修正が入っていました。

■物件概要(東棟(B-2街区))■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 東棟(B-2街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
用途:共同住宅(14階〜53階)・ホテル(1階〜13階)・店舗・集会場・駐車場等
総客室数:約120室
総戸数:約330戸
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m(最高237.20m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8,273.24
延床面積:169,248.83
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 C街区は東京タワーのトップデッキまで行かないとほとんど見えませんが、神谷町駅側にある歩道橋から全体を見渡すことができます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 この構台が多数見える様子はいいですね〜。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 高台側から見たC街区です。完成が今から本当に楽しみなプロジェクトです。