虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:都市再生機構]

 虎ノ門二丁目で計画されている「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。左の白い建物が既に完成している「虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)で、その右側がこれから建設の始まる「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」(地上38階、最高高さ184.935m)です。

 「虎の門病院」は元々業務棟の建設地にありましたが隣接地に建替えられ移転しています。その移転が完了したことにより業務棟の建設が始まります。その業務棟の建築主は都市再生機構ですが、地域冷暖房施設に限っては虎ノ門エネルギーサービスが建築主となっています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業
建物配置イメージ[出典:都市再生機構]

 左が業務棟で1階〜3階は業務・生活支援施設や店舗となり、4階の機械室を挟んで中高層部はオフィスフロアとなります。

 22階〜37階は新日鉄興和不動産、第一生命保険、関電不動産開発、東京ガス都市開発、九州旅客鉄道、大成建設の6社が保留床取得者として決定しているため網掛けされています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟
位置図[出典:大成建設]

 場所は6月6日開業予定の日比谷線の新駅である「虎ノ門ヒルズ」駅の近くです。他にも東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅や「溜池山王」駅も近いです。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 2019年12月14日のヘリからの空撮です。矢印を付けた建物が移転前の「虎の門病院」で「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」の建設地です。

 現在の「虎の門病院」は地上19階、高さ90.20m(最高高さ99.55m)の左の白い建物へ移転しています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 これは「虎ノ門ヒルズ」方面の空撮ですが、左の矢印を付けた場所が「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」の建設地です。

 その矢印の右側の工事現場は「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業)」(地上49階、最高高さ265.75m)の建設地となっており、近年超高層化が著しい一帯に新たな超高層ビルが誕生することになります。



虎の門病院

 これは2019年8月24日の「虎の門病院」です。この時は既に隣のビルは移転済みで既に仮囲いで囲まれていました。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 2020年3月22日には解体工事の足場で囲まれており姿を見ることはもうできなくなっていました。



JTタワー

 隣の塔屋が印象的なビルは「JTビル」(地上35階、高さ169.7m)で、これよりも少し背の高い超高層ビルが建設されます。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 現在は8月17日にまでの工期で地上部の解体工事が大成建設によって行われています。

 左端に見えている建設中の建物は「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)で完成時には高さ日本一のタワーマンションとなります。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 2020年9月1日が着工予定日で施工者は解体工事と同じく大成建設となります。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。名称は「虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事」となっていますが、当ブログでは各社のニュースリリース等で使用されている「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」を使用しています。

■物件概要■
計画名称:虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟(虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事)
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目105番
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上38階、地下2階
高さ:179.935m(最高高さ184.935m)
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:22,539.74
建築面積:7,896.34
延床面積:180,439.62
建築主:都市再生機構(建築物全般)、虎ノ門エネルギーサービス(地域冷暖房施設に限る)
設計者:大成建設 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2020年9月1日着工〜2023年11月30日竣工予定