中津駅前のタワーマンション群

 「梅田スカイビル」の空中庭園展望台から見た御堂筋線「中津」駅周辺のタワーマンション群です。3棟のタワーマンションが密集しており高いのから順に以下の通りとなっています。

・ブランズタワー梅田 North(地上50階、高さ168.44m)
・ザ・ファインタワー 梅田豊崎(地上45階、高さ151.6m)
・ザ・セントラルマークタワー(地上37階、高さ122.5m)

 この中で最も高い「ブランズタワー梅田 North」(地上50階、高さ168.44m)が2020年1月に竣工したと、売主である東急不動産、住友商事、住友不動産から発表がありました。フェンスは残っていましたが今回の写真は2月23、24日撮影のため竣工後の姿となります。

▼東急不動産:ニュースリリース(2020年3月3日)
大阪ホテル御三家の東洋ホテル跡地開発 「ブランズタワー梅田North」が竣工 梅田駅徒歩圏で御堂筋線直結、地上50階建の超高層分譲マンション



ブランズタワー梅田North

 目の前から撮影した「ブランズタワー梅田 North」です。大阪メトロ御堂筋線「中津」駅直結、地上50階、総戸数653戸の大規模分譲マンションで全戸申込完売しています。



ラマダホテル大阪(旧東洋ホテル)

 建設地は大阪のホテル御三家と呼ばれた「東洋ホテル」(2006年「ラマダホテル大阪」に改称、2013年末閉館)の跡地です。これは上の写真と同じ方向から見た解体前の「ラマダホテル大阪」です。



ブランズタワー梅田North

 「ブランズタワー梅田 North」は天空へのしなやかな上昇感をイメージしたシルエットが描かれています。



ブランズタワー梅田North

 共用施設として地上37階、高さ115m地点にはパーティルーム、スカイフィットネス、ゲストルーム、一つ上の38階にもゲストルーム、そして地上47階、高さ146m地点にはスカイバルコニーが設置されています。フィットネスルームは24時間利用可能とのことです。



ブランズタワー梅田North

 タクシー利用を想定した2車線設計の車寄せ、3層吹き抜け、天井高約10mのグランドエントランス、荷物を運ぶレジデントポーター、クリーニングや宅配便の取次サービスなども行うコンシェルジュ、そしてレジデントポーター・コンシェルジュ・管理員が連携を取り合う24時間有人管理体制となっており、ホテル御三家の一つであった「旧東洋ホテル」の記憶を受け継ぐ迎賓思想のレジデンスとなっています。



ブランズタワー梅田North

 上記は公式HPの内容を切り貼りした文章ですが、言いたいことはラグジュアリーな分譲マンションになっているということです。



ブランズタワー梅田North

 御堂筋線「中津」駅直結のマンションで大阪・梅田までは1駅ですが徒歩でも行ける距離です。これからはじまる「うめきた」2期も徒歩圏です。



ブランズタワー梅田North

 近くの「豊崎西公園」から撮影。北側の方が開けた視界となっていますが部屋は少なめのようです。



中津駅前のタワーマンション群

 中津駅周辺のタワーマンションの密集具合です。見上げるとこんな景色が広がっています。



中津駅前のタワーマンション群

 最後は「梅田スカイビル」から撮影した夜景です。中央の背の高いタワーマンションが「ブランズタワー梅田 North」です。最上階あたりのフロアは目の前のタワーマンション「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」(地上45階、高さ151.6m)の塔屋のライトアップがまぶしいかもしれませんね。

■物件概要■
名称:ブランズタワー梅田 North
計画名称:(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画
所在地:大阪府大阪市北区豊崎三丁目16番16
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:653戸
階数:地上50階、塔屋2階、地下1階
高さ:168.44m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:5,154.70
建築面積:2,390.82
延床面積:68,778.31
建築主:東急不動産、住友商事、住友不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2016年7月初旬着工〜2020年1月下旬竣工
入居:2020年3月11日予定