ウォーターズ竹芝

 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)の空撮です。2019年11月30日にヘリから撮影しました。タワー棟とシアター棟、パーキングの3棟構成でこれはその中のタワー棟です。低層部は階段状となっており上から見ると面白いデザインとなっています。

 タワー棟の1階〜4階はアトレが運営する商業施設「アトレ竹芝」、5〜14階はオフィスフロア、そして16階〜26階は日本ホテルが運営するホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」(総客室数265室)となります。



ウォーターズ竹芝

 右下がシアター棟で劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入ります。そのシアター棟とタワー棟の間は広場とテラスとなり、そして目の前の水辺には船着場と干潟も整備されます。



ウォーターズ竹芝

 劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入るシアター棟です。1〜3階は商業施設「アトレ竹芝」で2〜6階部分が四季が運営する劇場部分となります。劇場の正式名称は『JR東日本四季劇場[秋]』と『JR東日本四季劇場[春]』です。



ウォーターズ竹芝

 建設地の目の前は「浜離宮恩賜庭園」のためタワー棟の高層部に入るホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」からの眺望はなかなか凄そうです。



ウォーターズ竹芝

 浜離宮恩賜庭園と汐留の超高層ビル群を見てみたいものです。※この空撮だけ2019年12月14日の撮影です。



ウォーターズ竹芝

 その汐留にある「カレッタ汐留」の46階無料展望室から見た「ウォーターズ竹芝」です。ヘリを飛ばさなくてもここからなら全体を見ることができます。※ここからの写真は2019年12月15日の撮影です。



ウォーターズ竹芝

 現地から撮影した「ウォーターズ竹芝」です。



ウォーターズ竹芝

 低層部の階段状となっている部分には外階段が設置されているためデッキにも自由に行けそうな感じです。



ウォーターズ竹芝

 既に「atre」の文字もありました。アトレはJR東日本グループ企業で駅直結が基本ですがここは駅からは離れています。そしてこの辺りは人通りが多い場所ではないので集客がどうなるのか気になるところです。オフィス部分は2020年4月1日開業、「アトレ竹芝」は2020年4月13日開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 四季劇場[春]・[秋]が入るシアター棟です。こちら側に入る「アトレ竹芝」と四季劇場[秋]は2020年7月14日の開業予定でこの日がグランドオープンの日となりますが、四季劇場[春]は少し遅れて2020年9月10日の開業予定となっています。



ウォーターズ竹芝

 タワー棟の16階〜26階部分に入るホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」は2020年4月27日の開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 左にチラッと写りこんでいる高架がゆりかもめで最寄駅は「竹芝」駅となります。JR「浜松町」駅も徒歩圏ですが公式サイトでは徒歩6分の距離となっています。



ウォーターズ竹芝

 最後は竹芝埠頭から見た「ウォーターズ竹芝」です。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定