虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業

虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 「虎ノ門ヒルズ」に新たに建設される「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業)」(地上49階、最高高さ265.75m)の完成予想図です。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:国土交通省]

 A-1街区〜A-4街区とB街区に分けて建設が行われます。メインの超高層棟がA-1街区で桜田通りの上空を通るペデストリアンデッキで結ばれた先の台形の建物がA-2街区です。また、角地にある広場がA-4街区でその後ろに見切れているのがB街区です。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:国土交通省]

 拡大する「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。右下のビルが他の完成予想図には描かれていなかったA-3街区です。「虎ノ門ヒルズ」は大きく4棟の超高層ビルで構成され左からビジネスタワー、森タワー、レジデンシャルタワー、ステーションタワーとなっています。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(地上49階、最高高さ265.75m)

 B街区となる「(仮称)虎ノ門二丁目計画」(地上17階、高さ97.05m)で地方だと主役になれる高さですが、これだけの規模の超高層が揃うと小さく感じます。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業
概要図[出典:国土交通省]

 各棟の断面図です。建築物番号1が「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」で低層部は商業施設とホテルとなり中高層部はオフィスフロア,
そして最上部はビジネス発信拠点となります。

 建築物番号2はA-2街区で商業施設、建築物番号3はA-3街区で店舗、住宅、事務所が入る複合ビルとなります。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:内閣府]

 A-3街区の左側は「新虎の門病院」でペデストリアンデッキで接続され、A-2街区の右側は「虎ノ門ヒルズ 森タワー」でここも接続されます。将来的には結構な範囲を道路を渡ることなく行けるようになります。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区」(地上49階、最高高さ265.75m)の建設地です。現地では既存ビルの解体が行われています。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 細かくチェックはしていませんが街区内の全棟が解体工事に着手しているように見えました。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 こういった街区内の路地はA-1街区のビルの本体となるのでそのうち廃道となります。。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 地上部の解体が終わると一気に視界が開けて今までと違った光景が広がります。そういった光景が広がるまでもう少しです。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 地上部の解体が終わって空が広くなった場所もありますが、全体の解体が終わると全然違った景色になるかと思います。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区

 例えば背後に見える「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)は既存ビルの解体が終わるとキレイに見えるようになります。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区 建築計画のお知らせ

 A-1街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
事業名:虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目11番1外
用途:事務所、店舗、ホテル、集会場、駐車場等
階数:地上49階、塔屋1階、地下4階
高さ:264.00m(最高265.75m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎・杭基礎併用
敷地面積:9,907.59
建築面積:8,079.79
延床面積:238,642.82
事業者:虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:鹿島建設
工期:2019年11月25日着工〜2023年7月15日竣工予定



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区

虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区

 「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区」(地上4階、高さ30.15m)の建設地です。こちらも既存ビルの解体工事が始まっています。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区

 この辺りのビルが解体されると背後に「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)が見えるようになります。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区

 目の前の道路の地下では日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」駅が建設中です。もちろん駅直結で連携した再開発となっています。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区

虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区

 「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区」(地上12階、高さ59.00m)の建設地です。こちらも既存ビルの解体工事が始まっています。同再開発の一番奥で昨日建替え工事が竣工した「ホテルオークラ」のすぐ近くです。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-4街区

虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-4街区

 「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-4街区」の建設地です。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-4街区

 「コード・ブルー」の宣伝を残したまま解体工事が始まっています。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-4街区

 A-4街区は広場となりますが、既に解体工事が始まっていることからしばらくの間は作業場として使用されるかと思います。



(仮称)虎ノ門二丁目計画

(仮称)虎ノ門二丁目計画

 B街区となる「(仮称)虎ノ門二丁目計画」(地上17階、高さ97.05m)の建設地です。ここは東洋海事工業が単独の建築主となっており、森ビルの「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」とは別扱いとなっているような感じです。



(仮称)虎ノ門二丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。以前は名称にB街区が入っていましたが今は消えています。

■物件概要■
計画名:(仮称)虎ノ門二丁目計画
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目9番1、9番3、9番4、9番6
用途:事務所・店舗
階数:地上17階、地下2階
高さ:98.00m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,702.71
建築面積:1.464.16
延床面積:26,173.77
建築主:東洋海事工業
設計者:山下設計
施工者:大林組
工期:2019年5月15日着工〜2022年1月20日竣工予定