(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 白金高輪駅2番出入口のすぐ近くに建設されるタワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)の建設地です。トーア第2高輪マンション、パシフィック高輪マンションなどの跡地です。

 背後に見えるタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)、緑色のビルは「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 目の前の桜田通りを少し白金高輪駅側に行った場所から撮影。この右奥くらいになると思いますがそこには昨日のブログに載せた「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)のタワーマンションが建設されます。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 このように既存建物の解体はほぼ終わっているようでした。ただ、撮影時は建築計画の着工予定の2月20日を過ぎていましたが、施工者は未定となっており着工しているのかは不明です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 反対側から撮影。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 ちょうど3箇所の工事現場が重なっており広大な建設現場のようにも見えます。真ん中は三菱地所レジデンスによるタワーマンションで「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)が建設中です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 近くの歩道橋から見た「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地方面です。建築面積は829.44屬里燭35階建てタワーマンションとしてはスラットした外観となりそうです。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。設計者はHOU一級建築士事務所、施工者は未定となっていますが、東京都環境局のHPでは設計者は西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体、施工者は西松建設となっています。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
設計者:HOU一級建築士事務所?西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体?
施工者:西松建設?
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定