白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 白金高輪駅から北側に少し行った場所に建設される「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。3棟構成で右から順に地上45階、地下1階、高さ156.1mの高層棟、地上19階、地下1階の中層棟1、地上4階、地下1階の中層棟2となっています。

 建築主は「白金一丁目東部北地区市街地再開発組合」で参加組合員として東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルが参画する総戸数約1241戸のタワーマンションとなります。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 建設地の北側には古川や明治通りの上を通る首都高目黒線があります。同再開発と連携して古川の護岸整備も行われおり古川沿いには歩行者専用道路も整備されます。また、敷地南側には狭い道路がありますが同再開発によって拡幅されます。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 このように東西に横長の敷地となっています。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 近くの歩道橋から見た「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の高層棟方面です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 横から見た様子です。手前側が高層棟の建設地になります。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 仮囲いの中です。計画地の真ん中にも道路がありましたが去年の11月5日に閉鎖されています。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 南側の道路沿いから見た様子です。この道路が幅10mに拡幅されます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地中央あたりでは西原病院がまだ残っていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 他にも建物が1棟残っていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 敷地西側から見た様子です。右側に見えるのは白金高輪駅直結の「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 まだ解体されずに残っている西原病院です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 病院としてまだ稼働しているようでした。4月1日が着工予定日ですが先に高層棟から建設が始まりそうです。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:約1241戸
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,652.20
延べ面積:134,710.00
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林組(代表施工者)・長谷工コーポレーションJV
工期:2019年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定