Kアリーナプロジェクト
完成予想図[出展:国土交通省]

 2019年2月22日、国土交通省よりケン・コーポレーションがみなとみらい21地区60・61街区で計画している「Kアリーナプロジェクト」を民間都市再生事業計画に認定したとが発表がありました。同プロジェクトの概要は以下の通り発表されています。

『本事業では、世界最大級の音楽アリーナとインターナショナルブランドホテル、オフィスの整備を通じて、上質なエンターテイメントを提供する「ミュージック・パーク」を形成し、国内外から多くの人が訪れる国際的な交流拠点として相応しい、地域の賑わいの核となる施設を創出します。
 また、沿道に緑化施設を配置するとともに、水辺に隣接したペデストリアンデッキを整備することで、みなとみらい21地区の歩行者ネットワークと連携しながら地区全体に賑わいを届けます。』

▼国土交通省:報道発表資料(2019年2月22日)
民間都市再生事業計画(Kアリーナプロジェクト)を認定
〜横浜みなとみらい21地区に『ミュージック・パーク』が誕生〜



Kアリーナプロジェクト
概要図[出展:国土交通省]

 音楽アリーナは地上7階、延べ48,982.13屬竜模となります。今回の発表では収容人数の記載はありませんでしたが以前の情報では2万規模となっていました。

 オフィス棟は地上21階、塔屋1階、延べ27,853.12屬竜模となり、ホテル棟は地上25階、地下1階、塔屋1階、35,272.40屬竜模となります。

 「Kアリーナプロジェクト」全体では敷地面積は31,793.97屐建築面積は27,695.58屐延べ面積は112,107.65屬如他に緑地272.54屐広場12,104.65屬眄鞍されます。今後は基本設計、実施設計、建築確認等を行い、2020年8月1日着工、2023年10月31日の竣工を予定しています。


Kアリーナプロジェクト
完成予想図[出展:国土交通省]

 現在、みなとみらいでは「ぴあアリーナ」も建設中で、新横浜に行けば「横浜アリーナ」もあります。3つもアリーナが必要?とも思いますが、それぞれ収容人数は異なると思うので棲み分けはできるのかなとも思います。


Kアリーナプロジェクト
完成予想図[出展:国土交通省]

 それにしてもケン・コーポレーションは超高級不動産を扱う仲介業者だと思っていたのですが、こういった巨大プロジェクトもやるんですね。そこが一番の驚きです。


Kアリーナプロジェクト
 2019年1月27日にセスナから撮影した「Kアリーナプロジェクト」の建設地です。中央に見える空き地が計画地です。

Kアリーナプロジェクト
 空撮だとちょっとわかりにくいので2月2日に「横浜ランドマークタワー」の展望台から見た建設地です。中央の空き地の上半分が計画地です。

Kアリーナプロジェクト
 場所はみなとみらいの中では横浜駅に近い側です。

Kアリーナプロジェクト
 「Kアリーナプロジェクト」の計画地です。

Kアリーナプロジェクト
 近くの歩道橋から撮影。

Kアリーナプロジェクト
 背後にみなとみらいのタワーマンション群がズラッと並んでいます。

Kアリーナプロジェクト
 周辺では他の再開発も行われています。白い低層の建物はアンパンマンミュージアムでここに移転してきます。

Kアリーナプロジェクト
 撮影時には敷地内数箇所で地質調査のボーリングが行われていました。

Kアリーナプロジェクト
 今は広い空き地なので広い空と超高層ビル群が眺められる場所となっています。