今年も雑なエイプリルフールネタを載せてしまいました。ということで、夜はいつもの普通の超高層ビル記事を載せておきます。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 横浜駅西口で建設中の「(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事」(地上30階、高さ132.268m)の完成予想図です。「横浜スカイビル」から3月20日に撮影しました。現在は2つに分けて鉄骨が組まれていますが同じ一つのビルとなります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 上の写真の左側にズームです。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 右側にズームです。こちら側に高層棟が建設されますが、低層部は商業施設となります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事 完成予想図[出典:JR東日本]

 同じような方向から見た完成予想図です。


(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 地上から撮影。こちら側に高層棟が建設されます。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 商業施設棟側です。と言っても高層棟の低層部も商業施設となります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 近くのペデストリアンデッキから撮影。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事 完成予想図[出典:JR東日本]

 同じような方向から見た完成予想図です。


(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 少し離れた場所から撮影。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
 今はタワークレーンしか見えませんが、そのうちビル本体も見えるようになります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。地上30階となっていますがこれは建築基準法上の階数で運用上は地上26階となります。

■(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事の物件概要■
名称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上30階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,763.47
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定