ホテルオークラ東京 新本館 建設地の空撮
 「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階・運用呼称は地上41階、高さ188.65m)の建設地の空撮です。左下に下半分がオフィスフロアで上半分がホテルフロアとなる新本館、右に建物全体がホテルとなる中層棟(地上13階、高さ85m)が建設されます。左上の建物は「大倉集古館」は改修・増築工事が行われます。

 建設地は言うまでもなく「ホテルオークラ東京 本館」の跡地でその建て替えとなります。建設地のすぐ上(西側)はアメリカ大使館とアメリカ大使館公邸です。アメリカ大使館周りは警察官がウヨウヨいてカメラをぶら下げて歩いていると声を掛けられることがあります。そのためアメリカ大使館周辺だけはカメラをしまって歩いています(^^;)

ホテルオークラ東京 新本館 建設地の空撮
 少し角度を変えてもう1枚。「ホテルオークラ東京 新本館」は既に着工していますが、既存の「ホテルオークラ東京 本館」の解体工事も続いています。

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 別館」前から撮影。空撮には敵わないので今回はグルっと一周はしませんでした。

大倉集古館
 改修・増築工事が行われている「大倉集古館」です。

ホテルオークラ東京 新本館
 プレハブ事務所です。これだけの規模の建設工事となると土台に鉄骨を組んだりと巨大になります。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京本館ロビーイメージ図
ホテルオークラ東京本館ロビーイメージ図[出典:ホテルオークラ東京]

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定