四谷駅前再開発事業 完成予想図
四谷駅前再開発事業 完成予想図[出典:三菱地所]

 四谷駅前の大規模再開発「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」が昨日、2016年9月6日に起工式を執り行い工事に着手すると施工者である独立行政法人都市再生機構、事業パートナーである三菱地所、第5メック都市開発特定目的会社、地権者である四谷駅前地区再開発協議会より発表がありました。

 建設地は四谷駅の北西側で、旧四谷第三小学校や公務員宿舎の跡地など約2.4haという広大な敷地です。そこに地上31階建てのオフィスビルや商業施設、住宅、教育施設、公益施設といった複合施設が建設されます。また、敷地内には大規模な広場や緑空間も整備されます。

▼三菱地所:ニュースリリース(2016年9月6日)
「四谷駅前再開発事業」着工
〜四谷のランドマークとなる駅前大規模・多機能開発〜



四谷駅前再開発事業 配棟イメージ図
四谷駅前再開発事業 配棟イメージ図[出典:三菱地所]

 配棟イメージです。オフィス部分は3階〜30階(約58,900)、商業施設は地下1階〜地上2階(約5,800)、住宅は地上3階〜7階(約4,500屐Ψ60戸)、教育施設は地上3階〜7階(約3,500)、公益施設は地下2階〜地上4階(約9,500)となります。


四谷駅前再開発事業 配置図
四谷駅前再開発事業 配置図[出典:三菱地所]

 このように建物内には通路が整備され広場まで通り抜けることができるようになります。入り口となる出迎えの広場は約1,000屐地域の広場は約3,300屬旅さがあります。


四谷駅前再開発事業 完成予想図
四谷駅前再開発事業 完成予想図[出典:三菱地所]

 メインの「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」のオフィス棟です。地上31階、塔屋1階、地下3階、高さ144.68mとなります。四谷駅周辺では最も高い超高層ビルでランドマーク的存在となります。


四谷駅前再開発事業 完成予想図
四谷駅前再開発事業 完成予想図[出典:三菱地所]

 オフィスのエントランスです。イメージ図を見る限りでは割りと普通な感じです。


四谷駅前再開発事業 計画の考え方
四谷駅前再開発事業 計画の考え方[出典:三菱地所]

 同再開発は都心の中心で憩いと賑わいを提供する考えで、広場から高層棟にかけては階段状の建物として空へと続くデザインとし、そして緑化も行うことで華やかな緑化空間を形成します。


四谷駅前再開発事業 北西側の広場
四谷駅前再開発事業 北西側の広場[出典:三菱地所]

 高層棟のパサージュから出た場所から見た北西側の広場です。


四谷駅前再開発事業 北側からのイメージ
四谷駅前再開発事業 北側からのイメージ[出典:三菱地所]

 その北側にある広場のイメージです。


四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 7月10日撮影の「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」方面です。このときはまだ既存ビルの解体作業が行われていましたが、今は解体工事が終わっているのかもしれません。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 反対側から敷地内を撮影。この一番奥の四谷駅側に31階建てのオフィス棟が建設されます。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。竣工予定は2019年10月下旬です。

■(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物の概要■
計画名称:(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都新宿区本塩町1-1外
用途:事務所、店舗、共同住宅、教育・公益、集会場、駐車場
総戸数:60戸
階数:地上31階、塔屋1階、地下3階
高さ:144.68m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
敷地面積:17,931.82
建築面積:10,329.95
延床面積:139,641.08
建築主:独立行政法人都市再生機構
事業パートナー:三菱地所・第5メック都市開発特定目的会社
基本設計:日本設計・三菱地所設計
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年9月着工〜2019年9月30日竣工予定