プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 品川シーサイド駅近くの建設中の「プライムパークス品川シーサイドザ・タワー」(地上29階、最高高さ99.11m)です。総戸数817戸という巨大なタワーマンションで、売主は京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産の5社で、2017年2月下旬より販売開始予定です。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 建設地にズームです。現地作業予定を見ると既存杭解体工事、山留打設工事、PC杭工事となっていました。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 建設地は品川シーサイドフォレストと呼ばれる街区で最後まで残っていたC街区で南西角地です。中央とその右のタワーマンションが「品川シーサイドビュータワー機(地上30階、高さ100m)と「品川シーサイドビュータワー供(地上30階、高さ100m)、左のオフィスビルは「品川シーサイドサウスタワー」(地上18階、高さ82m)で北側から東側にかけてはビルやマンションに囲まれています。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 敷地南側から撮影。正面が北側で右側が東側となります。りんかい線の品川シーサイド駅は北東に少し行った場所の地下にあります。駅の出入口までは徒歩3分の距離です。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 敷地西側から撮影。以前はフットサルコート、コインパーキング、空き地となっていました。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
プライムパークス品川シーサイドザ・タワーの完成予想図[出典:公式HP]

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
プライムパークス品川シーサイドザ・タワーの配置図[出典:公式HP]

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。以前の建築主は京浜急行電鉄、大和ハウス工業、長谷工コーポレーションとなっていましたが、長谷工コーポレーションが抜けて三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産が加わっています。

■プライムパークス品川シーサイドザ・タワーの物件概要■
名称:プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
事業名:(仮称)東品川4丁目C街区新築工事
所在地:東京都品川区東品川四丁目61-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:817戸
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.56m(最高高さ99.11m)
構造:RC造(一部S造)
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:9,898.51
建築面積:3,930.74
延床面積:74,998.90
建築主(売主):京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2016年6月1日着工〜2019年2月末日竣工予定
入居:2019年3月末日予定