東金町一丁目西地区市街地再開発の空撮
 JR金町駅近く「東金町一丁目西地区市街地再開発」の計画地の空撮です。本日の日刊建設工業新聞、建設通信新聞にて、東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合が三菱地所レジデンス・三井不動産レジデンシャルJVを事業協力者に選定したと報道がありました。

 想定している規模は地上37階、地下2階、高さ約140m、延べ約15万屬婆450戸の住宅、商業施設(約3万)、業務サービス、自動車教習所を配置する複合施設を計画しています。他に公共施設として、北東に葛新400号(理科大学通り)、北西に葛358号の道路を整備する計画となっています。

 事業スケジュール案は2018年8月頃に都市計画決定、2019年度に組合設立認可、2020年8月に権利変換計画認可、2020年度着工、2026年度完成を想定しています。コンサルタント業務は佐藤総合計画が担当しています。

 現在の計画地はイトーヨーカドー金町店、駐車場、空き地となっていますが、民間地権者9人のうち8人が準備組合に加入しているとのことです。ちなみにイトーヨーカドー金町店の屋上は金町自動車教習所となっていますが、先ほどZIP!を見ていたら変わった屋上施設として放送されていました。再開発後も自動車学校は屋上に整備されそうです。

▼建設通信新聞:2016年6月28日
15万峭眩慂9膸楡/事業協力者に地所レジ、三井不レジ/東金町一丁目西地区再開発

▼日刊建設工業新聞:2016年6月28日
東金町一丁目西地区再開発(東京都葛飾区)/事業協力者は三菱地所レジJV/準備組合


金町駅周辺の空撮
 2015年1月の金町駅周辺の空撮です。計画地は金町駅の近くです。金町駅前には「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)、中川近くには「シティタワー金町」(地上37階、最高高さ127.66m)が建っています。

金町駅周辺の空撮
 横から見るとこのような感じで「ヴィナシス金町タワーレジデンス」から「シティタワー金町」まで結構距離が離れていますが、ちょうどその間を埋める感じで「東金町一丁目西地区市街地再開発」が建設されることとなります。これだけ離れているとお見合い部屋の心配もありませんね。

■東金町一丁目西地区市街地再開発の物件概要■
計画名:東金町一丁目西地区市街地再開発
所在地:東京都葛飾区東金町1丁目-2136〜2169の一部
用途:共同住宅、商業施設、業務サービス、自動車教習所
階数:地上37階、地下2階
高さ:約140m
計画対象面積:約3ha
延床面積:約15万
建築主:東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
コンサルタント業務:佐藤総合計画

■事業スケジュール案■
2018年8月頃:都市計画決定
2019年度:組合設立認可
2020年8月:権利変換計画認可
2020年度:着工
2026年度:竣工