川崎市新本庁舎整備事業 完成イメージ図
川崎市新本庁舎整備事業 完成イメージ図[出典:川崎市]

 耐震性能を満たしていないとのことで計画されてる川崎市役所本庁舎と川崎市役所第二庁舎の建て替え「川崎市新本庁舎整備事業」の環境配慮計画書の縦覧が2016年3月17日〜4月15日までの期間で開始されました。この完成予想図は今回公表されたものではありませんが、最高で高さ約116mの超高層ビルへの建替が計画されています。階数は公表されていませんが現在公開されている完成予想図、断面図から判断すると地上25階、地下2階となります。

 現在、本庁舎機能が分庁舎や周辺の民間ビルに分散しており、建て替え後は本庁に集約することとなります。実際、川崎市の庁舎案内を見るとあちこちに分散しています。新庁舎完成後にどれだけ集約されるのかはわかりませんが、これだけ分散していたら集約する効果は大きそうです。

▼川崎市:環境アセスメント(2016年3月17日〜4月15日)
川崎市新本庁舎整備事業

▼川崎市(2016年2月15日)
川崎市本庁舎等建替基本計画(平成28年1月)


川崎市新本庁舎整備事業 断面図・平面図・配置図
川崎市新本庁舎整備事業 断面図・平面図・配置図[出典:川崎市]

 「川崎市新本庁舎整備事業」の断面図、平面図、配置図です。最上階となる議会3層平面図を見ると展望・傍聴ロビーとの記載があり、最上階の一部は展望ロビーとなります。


川崎市役所本庁舎
 建て替え対象となる「川崎市役所本庁舎」です。既に仮移転が完了しており、今は敷地内にある駐車場のみが使用されています。平成28年度中に解体工事が始まる予定となっていますが、ここの跡地に新庁舎となる超高層ビルが建設されます。敷地手前には低層の共用会議室、情報プラザ、カフェが設置され、庁舎を結ばれる場所はアトリウムとなります。

川崎市役所第二庁舎
 こちらも建て替え対象となる「川崎市役所第二庁舎」です。ここの跡地は広場として整備されます。

■川崎市新本庁舎整備事業の物件概要■
計画名:川崎市新本庁舎整備事業
所在地:神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地ほか
高さ:約116m以下
敷地面積:約7,825
建築面積:約3,800
延床面積:約63,900
事業者:川崎市
工期:2019年着工〜2022年竣工予定(最も早く事業が進捗した場合)
※ 広場の完成は2023年度予定