渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷駅前の大規模再開発「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)の建設現場です。渋谷ヒカリエから撮影しました。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷駅と渋谷ヒカリエを繋ぐ通路の窓から見た同建設地です。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 この部分は移設される渋谷川となる部分ですかね。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 明治通り沿いの歩道に降りる階段から見た「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設地です。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 その明治通りを南側に行った場所にある歩道橋から見た同建設地です。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 少し渋谷駅側に移動して撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 地下部の解体も進んでいるようです。

渋谷駅
 西側から見た渋谷駅方面です。

JR渋谷駅仮駅舎新設 建築計画のお知らせ
 JR渋谷駅仮駅舎新設の建築計画のお知らせが出ていました。これは埼京線ホーム移設に関係した工事ですかね。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の完成予想図[出典:東急電鉄]

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

 最後はいつもの完成予想図。毎回書いていますがこの展望台が今からかなり楽しみです。

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.705m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:276,010.18屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度