六本木ヒルズからの眺め
 六本木ヒルズの屋上スカイデッキからの眺め(2016.1.24撮影)です。中央の黒い大きな超高層ビルが今回の主役である「住友不動産新宿ガーデンタワー」(地上37階、最高高さ160m)です。高田馬場駅から山手線の内側を新宿方面へ徒歩5分の位置です。

 一昔前までこの辺りのランドマークは左に見えるトリプルタワーの「西戸山タワーホームズ」(地上25階、高さ81m)でしたが、今は「住友不動産新宿ガーデンタワー」の方が目立っています。また、右端の大きなタワーマンションは「富久クロス コンフォートタワー」(地上55階、最高高さ191m)です。写真だと近そうに見えますが2キロほど離れています。

住友不動産新宿ガーデンタワー
 2016年2月13日に戸山公園から撮影した「住友不動産新宿ガーデンタワー」です。左のタワーマンションは分譲住宅棟の「スカイフォレストレジデンス」(地上26階、最高高さ100m)で、これら一帯の街区名称は「新宿スカイフォレスト」となっています。

ラ・トゥール新宿ガーデン
 高層部の24階〜37階は住友不動産の高級賃貸マンション「ラ・トゥール新宿ガーデン」となります。募集戸数は363戸で間取りは1K〜3LDK、専有面積は37.12 〜 143.51屐△修靴撞い砲覆覯板造188,000円〜771,000円となっています。

 一番安い部屋は北西向きの1K+WIC(37.12)ですが、24〜27階が18万8000円、28〜30階が19万1000円、31〜33階が19万4000円、34階〜36階が19万7000円、そして最上階の37階は一気に家賃が跳ね上がって23万2000円となります。他の間取りも最上階の家賃は跳ね上がります。一番高い37階南角部屋の3LDK+WIC(140.19)の家賃は77万1000円ですが、34階〜36階だと65万3000円となります。ここまで最上階プレミアムがあるマンションは初めて見ました。

住友不動産新宿ガーデンタワー
 近くから見上げてみました。もちろんBCP対応で、構造は免震構造となっています。

住友不動産新宿ガーデンタワー
 低層部では植栽の整備が始まっていました。2016年3月末の竣工予定です。

ベルサール高田馬場
 高田馬場駅に近い側はイベントホールの「ベルサール高田馬場」となります。

(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-3棟)
 道路を挟んだ場所の「(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-3棟)」の外観が見えてきました。

(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-3棟)
 規模は地上2階、地下1階、高さ10m(最高高さ15m)、延べ床面積850屬播絞沺∧欅藹蝓∨漂卅匕砲箸覆蠅泙后

東京スカイツリーからの眺め
 2月7日に東京スカイツリーの天望回廊からの眺めです。「ラ・トゥール新宿ガーデン」の黒い外観が目立ちます。ちなみにそのすぐ左に山に向かって通っている縦のラインは中央本線です。

■住友不動産新宿ガーデンタワーの物件概要■
名称:住友不動産新宿ガーデンタワー
賃貸マンション:ラ・トゥール新宿ガーデン(24〜37階)
計画名称:(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-1棟)
所在地:東京都新宿区大久保3丁目8
用途:事務所・共同住宅・集会場、店舗
総戸数:363戸
階数:地上37階、地下2階
高さ:150m(最高高さ160m)
構造:鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造・免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,820.18
建築面積:7,320
延床面積:142,582.42
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大林組
工期:2013年6月初旬着工〜2016年3月竣工予定