日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」の建設地です。国立競技場西テニス場があった場所で地上16階、高さ69.60m(ペントハウス部分最高高さ71.74m)となる劇場やホテル、事務所が入る複合ビルが建設されます。

 劇場は低層階で1250席の規模、事務所は中層階で日本スポーツ振興センター(JSC)の本部が入ります。そして高層階は約220室の日本青年館ホテルとなります。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 ゲートが開いていたので遠くからですが無理やり中を撮影しました。地下部の工事をしているのがわかります。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟 完成予想図
日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟 完成予想図[出典:新宿区]

 完成予想図では70m級には見えませんが、実際に出来るとそこそこ大きく感じるかと思います。


日本青年館の解体
 建設地の道路を挟んだ隣の「日本青年館」跡地です。ここは新国立競技場の敷地となり、「日本青年館」は「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」に移転することとなります。

■日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟の物件概要■
計画名:日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町16番8号
用途:劇場、ホテル、事務所、駐車場
階数:地上16階、塔屋1階、地下2階
高さ:69.60m(最高高さ71.74m)
構造:地上・鉄骨造 地下・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:6,671.16
建築面積:2,637.56
延床面積:31,844.03
建築主:日本青年館・日本スポーツ振興センター
設計者:久米設計
施工者:安藤・間
工期:2015年7月1日着工〜2017年6月8日竣工予定