虎の門病院整備事業
 「虎の門病院」の建替え「虎の門病院整備事業」(地上19階、最高高さ99.70m)です。

 右後ろに見える塔屋が斜めの白いビルが「虎の門病院」で、現在はその隣に建っていた「国立印刷局」の解体が行われています。この解体後の跡地に「新虎の門病院」を建設して「虎の門病院」を移転します。移転完了後に現在の病院を解体し、跡地に地上36階、地下3階、高さ179m、延べ16万7300屬龍般嚇錣魴設する計画となっています。

虎の門病院整備事業
 撮影から半月ほど経っているので現在は地上から既存ビルはもう見えないかもしれません。ただ、着工は来年の7月1日予定です。

虎の門病院整備事業
 敷地斜め向かいのアメリカ大使館側から見た「虎の門病院整備事業」です。この道路の右側では「ホテルオークラ東京」の建替え工事が行われています。

(仮称)虎ノ門二丁目計画 完成予想図
(仮称)虎ノ門二丁目計画 完成予想図[出典:港区]

■虎の門病院整備事業の物件概要■
計画名称:虎の門病院整備事業
所在地:東京都港区虎ノ門ニ丁目105番
用途:病院
階数:地上19階、地下3階
高さ:95.50m(最高高さ99.70m)
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:10,729.72
建築面積:7,303.08
延床面積:85,537.11
建築主:国家公務員共済組合連合会
設計者:佐藤総合計画(基本設計・設計監理)、戸田建設(実施設計)
施工者:戸田建設
工期:2016年7月1日着工〜2019年3月31日竣工予定