大名古屋ビルヂング
 名古屋駅前の「大名古屋ビルヂング」の建て替えで「大名古屋ビルヂング」(地上34階、高さ174.7m)です。ビルの建替えは名称が変更されることが多いですが、ここはそのまま「大名古屋ビルヂング」の名称が継承されました。

大名古屋ビルヂング
 名古屋駅前から見た「大名古屋ビルヂング」です。低層部以外の外観は既に完成しています。

大名古屋ビルヂング
 近くから見上げてみました。デザインが特徴的なビルです。

大名古屋ビルヂング
 低層部にズームです。地下1〜地上4階は商業施設となります。

大名古屋ビルヂング
 オフィスフロア部の外壁です。窓のところに縦の出っ張ったのを付けているだけですが、このおかげで特徴的な外観となっています。

大名古屋ビルヂング
 商業フロア部の外壁です。模様の入ったガラスとなっています。

大名古屋ビルヂング
 「JRセントラルタワーズ」のスカイストリートから見た「大名古屋ビルヂング」です。

大名古屋ビルヂング
 低層部です。商業施設フロアの上には屋上庭園が整備されます。

大名古屋ビルヂング
 「ミッドランドスクエア」(地上47階、最高高さ247m)の展望台から見下ろした「大名古屋ビルヂング」です。

大名古屋ビルヂング
 屋上はRマークのホバーリングスペースではなく、Hマークのヘリポートとなっていました。Rマークは着陸出来ませんがHマークはヘリポートなので着陸出来ます。

大名古屋ビルヂング
 屋上庭園です。整備が随分と進んでいるようでした。次回、名古屋遠征時には整備は終わっていそうです。

名古屋駅前の超高層ビル群
 ささしまライブ駅のホームから見た名古屋駅周辺の超高層ビル群です。中央右のビルが「大名古屋ビルヂング」です。名古屋駅前では名鉄や近鉄のビルの建て替え計画もありまだまだ発展しそうです。リニアが開通する頃にはどのような超高層ビル群に成長しているのか楽しみです。

■大名古屋ビルヂングの物件概要■
名称:大名古屋ビルヂング
計画名:名駅三丁目27番地区開発計画
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅三丁目27番地ほか
用途:事務所・店舗・駐車場・地域冷暖房プラント等
階数:地上34階、塔屋1階、地下4階
高さ:174.70m
敷地面積:9,155.56
建築面積:6,563.39
延床面積:146,698.04
構造:地上 鉄骨造(柱一部CFT造)・地下 鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所
施工者:清水建設
工期:2013年5月1日頃〜2015年10月末竣工予定