JR新宿ミライナタワー
 旧新南口駅舎跡地で建設中の「JR新宿ミライナタワー」(地上32階、最高高さ168.16m)です。今までは「新宿駅新南口ビル(仮称)」と呼ばれていましたが、本日のJR東日本のプレスリリースより「JR新宿ミライナタワー」として2016年3月に完成すると発表されました。「JR新宿ミライナタワー」には「未来な新宿」「未来への出発点」といった意味の願いが込められています。

 「JR新宿ミライナタワー」となる部分は超高層ビル部分とその左側の部分で、建築基準法上では33階建てとなりますが運用上では32階建てとなります。5階〜32階は総貸室面積約55,000屬離フィスフロアで、その下のM2階を含む1階〜4階が店舗数約50店舗、面積約5,300屬両Χ隼楡漾△修靴萄限Δ5階〜7階が約300席、320屬離曄璽襦∈蚤110席、約100屬離好織献が2室が入る文化施設等となります。多目的ホール・スタジオの名称は「LUMINE 0(ルミネ ゼロ)」に決定しています。

▼JR東日本:プレスリリース(2015年9月2日)
新宿駅が生まれ変わります〜新たなランドマークとなる複合施設が誕生します〜

JR新宿ミライナタワー
 「JR新宿ミライナタワー」の隣では駅施設なども整備中です。4階となる屋上は高速バス関連施設、3階はタクシー・一般車乗降場等、そして2階が駅施設、広場等となります。新駅舎となりますが、既設2個所の改札に加えて、東側に新たに1個所設置され、「JR新宿ミライナタワー」へのアクセス向上を図ります。

広場
広場の完成イメージ図[出典:JR東日本]

 このように大きな広場も整備されます。


JR新宿ミライナタワー
 文化施設の「LUMINE 0(ルミネ ゼロ)」などが入る部分です。

JR新宿ミライナタワー
文化施設等の完成イメージ図[出典:JR東日本]

 このようにホールやスタジオ以外にカフェや保育所、そして屋上には広場の他に芝生の広場も整備されます。


JR新宿ミライナタワー
 地上から見た「JR新宿ミライナタワー」です。これらの写真は全て7月19日撮影です。

JR新宿ミライナタワー
 タカシマヤ越しに見た「JR新宿ミライナタワー」です。新しく整備される広場からタカシマヤが繋がります。

JR新宿ミライナタワー
 甲州街道沿いから見た「JR新宿ミライナタワー」です。

JR新宿ミライナタワー
 駅施設等は撮影時はまだ外観全体が見えませんでしたが、撮影から1ヶ月半くらい経っているので今はもう外観はほぼ完成しているかもしれません。

JR新宿ミライナタワー
 「JR新宿ミライナタワー」の低層部です。甲州街道と同じレベルの高さから撮影しました。

■JR新宿ミライナタワーの物件概要■
名称:JR新宿ミライナタワー
計画名:新宿駅新南口ビル(仮称)、新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上32階、地下2階(建築基準法上では33階)
高さ:167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工(オフィス・商業施設):大林・大成・鉄建建設共同企業体
施工(文化施設等):大林・鉄建・大成・大和小田急共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工予定