ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 豊洲で建設中の分譲のタワーマンション「BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)」(地上31階、最高高さ110.0m)です。SKYZ前にある新豊洲駅へ続く歩行者デッキから撮影しました。撮影した8月9日時点では20階部分の建設中でした。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 東電堀超しに見たBAYZです。左後ろが先に竣工して既に入居が始まっている「SKYZ」(地上44階、最高高さ154.9m)です。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 豊洲と有明を結ぶ木遣り橋から見たBAYZです。

東雲運河沿いの遊歩道
 BAYZSKYZは東電堀と東雲運河に囲まれており護岸整備も行われています。これは東雲運河沿いです。まだ一般開放されていませんが散歩したりジョギングしたりするには良さそうな場所です。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 晴海から見たBAYZSKYZ方面です。BAYZの手前には「パークアクシス豊洲キャナル」(地上19階、最高高さ65.38m)が建っていますが、それよりも幅が広い大きなマンションです。まだ残り11フロアあるので今後もまだ上へ伸びていきます。

■BAYZ TOWER & GARDENの物件概要■
名称:BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
計画名:(仮称)豊洲3-2街区計画B2街区新築工事
所在地:東京都江東区豊洲六丁目10番9(仮換地地番)
総戸数:550戸
階数:地上31階、地下1階
高さ:103.3m(最高部高さ110.0m)
敷地面積:11,094.98
建築面積:3,305.00
延床面積:66,156.13
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、免制震複合システム「スイングセーバー」
建築主(建物売主):東京建物、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、東急不動産、住友不動産、野村不動産
基礎工法:杭基礎
土地売主:東京電力
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2013年7月1日着工〜2016年7月下旬竣工予定
入居:2016年10月下旬予定