住友不動産新宿ガーデンタワー
 住友不動産による大久保3丁目の大規模再開発「新宿スカイフォレスト」内で建設中の「住友不動産新宿ガーデンタワー」(地上37階、最高高さ160m)です。中層階までがオフィスフロアで高層階が賃貸住宅となる複合ビルで、鉄骨むき出しの部分あたりからが賃貸住宅です。

 ここは「(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-1棟)」として建設されていましたが「住友不動産新宿ガーデンタワー」に名称が決定しています。高層階の賃貸マンション部の名称はまだ発表になっていないようですが、住友不動産の高級賃貸マンションシリーズの「ラ・トゥール」になると予想しています。

住友不動産新宿ガーデンタワー
 建設地はJR山手線の内側で高田馬場駅から新大久保駅に向かって徒歩5分の位置です。これは高田馬場駅方面から見た「住友不動産新宿ガーデンタワー」です。

新宿スカイフォレスト
 角地ではイベントホールが建設中です。上部は広場となります。

新宿スカイフォレスト
 山手線越しに見た「新宿スカイフォレスト」です。左が「住友不動産新宿ガーデンタワー」で右が住宅棟の「スカイフォレストレジデンス」(地上26階、最高高さ100m)です。

新宿スカイフォレスト
 住宅棟の「スカイフォレストレジデンス」は既に完成しています。

住友不動産新宿ガーデンタワー
 7月14日に東京スカイツリーから撮影した「新宿スカイフォレスト」です。こうして見ると「住友不動産新宿ガーデンタワー」の存在感が大きいです。背後は中野です。

■住友不動産新宿ガーデンタワーの物件概要■
名称:住友不動産新宿ガーデンタワー
計画名称:(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-1棟)
所在地:東京都新宿区大久保3丁目8
用途:事務所・共同住宅・集会場、店舗
階数:地上37階、地下2階
高さ:150m(最高高さ160m)
敷地面積:16,820.18
建築面積:7,320
延床面積:142,582.42
構造:鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造・免震構造
基礎工法:直接基礎
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大林組
工期:2013年6月初旬着工〜2016年3月竣工予定