ザ・タワー横須賀中央
 横須賀で建設中のタワーマンション「ザ・タワー横須賀中央」(地上38階、高さ約144m)です。横須賀中央駅のペデストリアンデッキから撮影しました。駅から北側に徒歩約3分の位置で「西友横須賀店」の跡地です。

ザ・タワー横須賀中央
 「ザ・タワー横須賀中央」の地上38階、高さ144mは横須賀市内で最高層の建築物となります。個人的な感覚ですがタワーマンションは38階前後から急に高く感じます。

ザ・タワー横須賀中央
 さらに近くからもう1枚。共用施設として30階に一部2層吹き抜けのスカイラウンジ、31階にゲストルームが設置されます。

ザ・タワー横須賀中央
 低層部です。1階〜4階は商業施設フロアとなり、5階がレジデンス専用のメインエントランス、そして6階〜38階が総戸数297戸のレジデンスフロアとなります。

ザ・タワー横須賀中央
 レジデンスフロアは6階〜31階がグレイススタイル、32階〜35階がスーペリアスタイル(37邸)、36階、37階がラグジュアリースタイル(16邸)、最上階の38階がロイヤルラグジュアリースタイル(5邸)となっています。

ザ・タワー横須賀中央
 竣工予定は今年の11月ですが昨年には全戸完売しています。

■ザ・タワー横須賀中央の物件概要■
名称:ザ・タワー横須賀中央
計画名:大滝町2丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横須賀市大滝町2丁目6番(地番)
用途:店舗・事務所(1〜4階)、共同住宅(5〜38階)、駐車場(地下1、2階)
総戸数:298戸(事業協力者戸数44戸含む)
階数:地上38階、塔屋2階、地下2階
高さ:約144m
敷地面積:3,997.53
建築面積:3.379.62
延床面積:49,571.83
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
建築主:大滝町2丁目地区市街地再開発組合
売主:京浜急行電鉄、大和ハウス工業
設計者:INA新建築研究所
施工者:浅沼組
工期:2012年6月1日着工〜2015年11月中旬予定
入居:2015年11月下旬予定