新鉄鋼ビル
 東京駅の八重洲北口の隣接地で建設中の「新鉄鋼ビル」(地上26階、最高高さ135m)です。ここは「第一・第二鉄鋼ビルディング」の建替えで既に最上階まで達しています。

新鉄鋼ビル
 低層部です。1階、2階が店舗フロアとなりますが1階の一部は羽田・成田へ直結するリムジンバスのターミナルとなります。3階〜24階はオフィスフロアです。

新鉄鋼ビル
 日本橋から撮影した「新鉄鋼ビル」の塔屋部分です。低層部以外の外観が完成するまでもう少しです。

オークウッドレジデンス東京
 サービスアパートメント棟となる「オークウッドレジデンス東京」(地上20階、最高高さ約100m)です。サービスアパートメントなので家具付きのレジデンスとなりますが、ここは全123室で1泊から利用可能とのことなのでホテル変わりにも利用出来るのかもしれません。

オークウッドレジデンス東京
 別角度からもう1枚。

オークウッドレジデンス東京
 低層部です。地下1階〜地上3階が商業施設フロア、4階、5階がビジネスサポートフロア、そして6階以上が「オークウッドレジデンス東京」となります。

新鉄鋼ビル
 「オークウッドレジデンス東京」と「新鉄鋼ビル」の両棟が繋がっていました。こういった低層部の工事が始まると外観完成までもう少しだなと感じますね。

■(仮称)新鉄鋼ビルの物件概要■
名称:(仮称)新鉄鋼ビル
サービスアパートメン部:オークウッドレジデンス東京
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目1番12及び中央区八重洲一丁目102番他

[オフィス棟]
用途:事務所、店舗、貸会議室、駐車場
階数:地上26階、塔屋1階、地下3階(オフィスフロアは24階まで)
高さ:約135m(建築計画のお知らせでは高さ140m)

[サービスアパートメント棟]
用途:サービスアパートメント、ラウンジ、フィットネス、店舗
階数:地上20階、地下2階
高さ:約100m

敷地面積:7,399.67
建築面積:5,600
延床面積:117,000
構造:鉄骨造(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)、中間免震構造
建築主:鉄鋼ビルディング
設計:三菱地所設計
施工:大成・増岡組建設共同企業体
工期:2013年4月15日着工〜2015年10月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ