白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 東京都が都市再開発法第11条第1項の規定に基づき「白金一丁目東部北地区市街地再開発組合」の設立を明日、2015年4月24日に認可すると発表がありました。同組合による事業名は「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」で地上44階、高さ約160mのタワーマンションなどが計画されています。今後の予定は2016年3月に権利変換計画認可、2016年10月に着工、2020年3月に竣工予定となっています。

 約2年前に長谷工コーポレーションから発表されたときは地上43階、高さ約156mでしたが、今回の発表では1フロア高くなっています。

▼東京都:2015年4月23日
白金一丁目東部北地区市街地再開発組合の設立認可について

白金方面の眺め
 計画地は白金高輪駅から北側に行った場所の首都高目黒線の手前です。これは恵比寿ガーデンプレイスからの眺めですが、写真中央下あたりが「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 右側のタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)、その背後の緑色のビルが「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で白金高輪駅のすぐ近くです。また、白金高輪駅前では「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上37階、高さ147.14m)の計画もあります。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の現地です。細長い敷地ですが、44階建ての高層棟はこの道路側に建設されます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 配置図
白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 この配置図の通り44階建ての高層棟と17階と6階建ての中層棟の3棟構成となります。用途は住宅がメインで総戸数は約1220戸です。他に生活利便施設(子育て支援施設・店舗等)、工場(権利者用)も整備されます。それとは別に公園や広場も整備される予定となっています。

■白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目各地内
用途:住宅、生活利便施設(子育て支援施設・店舗等)、工場(権利者用)
総戸数:約1220戸
階数:地上44階、塔屋2階、地下2階
高さ:約160m
地区面積:約1.7ha
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
事業協力者:長谷工コーポレーション
参加組合員:東京建物・長谷工コーポレーション・住友不動産・野村不動産・三井不動産レジデンシャル
工期:2016年10月着工予定〜2020年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ